【最新話感想】青の祓魔師(112話):ドラグレスクは逃げ果せ、サタン復活は目前!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】青の祓魔師(112話):ドラグレスクは逃げ果せ、サタン復活は目前!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇加藤和恵先生:青の祓魔師(112話) より引用◇

ライトニング一行はルーマニアの研究所を襲撃するも、ドラグレスク博士には逃げられる。

それはサタンの完全な複製体を持って行かれた事と同義。

あらゆるリスクを後回しにし、尚失敗したライトニング一行の運命は?

サタン復活も目前であり、物語はますます不穏な空気になっていく。

1 特別に許可

実験棟に無理やり入ろうとする雪男。

当然の如く警備員に立入を禁止され通れない。

総帥に連絡を取れと雪男が指示すると、立ち入り許可が下りる。

志摩は雪男にあなたは特別だと、皮肉のように伝えた。

2 ルーマニアの研究所に潜行

ルーマニアの研究所に潜行したライトニング一行。

そこで人造ゾンビに出くわす。ドラグレスクの差し金。

通路を塞がれ、戦闘態勢に移行。オセオラとライトニング攻撃を加え一時的に進路を作る。

ドラグレスクは上ということで登り始めるが、今度はキメラゾンビが出現。

オセオラが足止めし、他は先を行こうとしたが、そこにネイガウス博士が援軍としてやってくる。

対悪魔用自我忘却兵器、デビルバニッシャーを撃ち一撃でキメラとゾンビを倒す。

ネイガウス博士が来た理由は不明。兵器はメフィストの極秘命令で研究していたモノを引き継いでいたと言う。

弾は合計二発作られ、一発は今の戦闘で使用したので、残り一発。量産には間に合わなかったという。

3 ドラグレスクは逃げ果せる

とある一室にまでたどり着き、悪魔側がエリクサーの研究を完成させていたことに気づくが、

ドラグレスク博士は居なかった。

空っぽの水槽の中身を急いで取り出した痕跡を見つけ、ライトニングは逃げ果せたと結論付ける。

サタンの魂を入れる完全な複製体を持ち去られたのだ。

4 運命の日は目前

ルシフェル総帥は実験を開始しようとしている。

雪男を招き、藤堂を犠牲にして、ドラグレスの報告を聞く。

運命の日は目前だと言いながら、実験機の運転開始を見ている。

続く。

「青の祓魔師」の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


青の祓魔師【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です