【2019年】おすすめの面白い漫画ランキング100!新旧や名作、マイナーまで!【人間ドラマ多し】 | 二次元感想レビュー録

【2019年】おすすめの面白い漫画ランキング100!新旧や名作、マイナーまで!【人間ドラマ多し】

 

 

 

 

 

 

おすすめの面白い漫画をランキング形式で紹介します。

1990年代から2019年の作品群になります。基本的には新しいものが多いです。

ジャンルは何でもありのごちゃまぜですが、バトル系よりも人間ドラマが多いです。

完結済みから連載中やら一巻完結、隠れた名作まで入れています。

少ないですが、同じ作者様の作品も入れています。

若干のネタバレを含む可能性があります。お気を付け下さい。

自分の趣味に合いそうだと思ったら、ここ以外でもレンタルやネットカフェ、古本屋にでも行って読んでくれたら幸いです。

漫画作品の最新話の感想も記事にしておりますので、気が向いたらそちらも見て行ってください。

では、紹介していきます。

4月29日現在、記事は完成しておりません。随時更新していきます。GW終了までには完成させます。5月6日に完成しました。

目次

1 100~75位【人間ドラマ多し】

100位。既刊三巻、連載中。

「小説家になろう」系統の作品。俺つえー系。

高校生の主人公がゲームに似た異世界に転生し、第二の人生を始める話です。

なろう系のお手本のような内容で、魔法使いの主人公が苦戦することなく敵に勝っていきます。

絵柄が非常に可愛らしくヒロインのアネットはそれが特に顕著です。

読者にストレスを与えずサラっと読めるのが魅力です。

99位。完結済み、全16巻。

四人の男子高校生の青春を描いた作品。日常系。 少女漫画なのに男性4人が主人公という稀有な例。

恋に遊びに勉強に部活に、時には喧嘩もしながら高校生活を過ごしていきます。

物語は三角関係と言った重い雰囲気は一切なく、一人一人が別の女の子とくっつきます。

男子4人は個性豊かに、女子4人はテンプレでわかりやすい人格設定。

山も谷もない、平坦な日常モノなので人を選ぶかもしれませんが、くどくないので読みやすいです。

98位。完結済み、全9巻。

モテない男子大学生の主人公が、ある日女子高生の体に乗り移ってしまう物語。

麻里という女の子になり、女性グループの輪の中で変化を悟られる事を回避しながら元の体に戻る方法を探していきます。

とにかく異色で斬新な設定。男の夢をぶち壊すリアルな女性関係が心を抉ります。

何故乗り移ったのか、麻里の人格はどこに行ったのか、元に戻る方法は?

展開が全く読めず、続きが気になり過ぎて一気に読んでしまいます。

結末はその目で確かめてください。

97位。既刊13巻、連載中。

借金を抱えた女子校生主人公が、時代小説家の家で住み込みで働くラブ・ストーリーです。

未成年と成人の恋愛模様が主な内容。

主人公ふみは無個性で献身的。相手の暁は子供っぽく話し方が独特。

暁含む大人勢が、精神的に成熟しきっていないため意外と人を選びます。

ふみと一緒に成長していく過程が魅力です。

96位。完結済み、全5巻。

25歳バツイチの女性主人公が、薬屋を営む実家を舞台に新しい恋を見つける物語。

特別際立った内容ではないけれど、絵の書き込みが非常に丁寧です。

雰囲気を楽しみながら、ゆるく読める内容になっています。

95位。連載中、既刊7巻。

亜人(デミ・ヒューマン)と呼ばれる人種が普通の人間として学校生活を過ごす日常系。

主人公は学校の教師で、亜人である生徒達の悩みを聞き解決していきます。

相談に来るのは女の子ばかりです。羨ましい。

愛嬌のある生徒達、きちんと向き合う大人達、キャラクターの魅力が存分に発揮された作品となっています。

94位。連載中、既刊3巻。

舞台は18世紀チベット。医者見習いの少年の村に一人の女の子が嫁いでいきます。

チベットの文化を紹介しながら、そこで生活する日常系の作品です。

最初の頃は花嫁との関係を進めるのがメインでしたが、

ネタが尽きたのか3巻以降は路線変更。若干コメディよりの内容になってます。

特別な世界観に浸りたい方におすすめです。

93位。 連載中、既刊4巻。

女性が女性を好きになる、いわゆる百合系の恋愛作品です。

ですがこの作品は少し特殊で、女子高生の主人公が兄の嫁を好きになってしまいます。

片想いは絶対に実らない。切なさ全開の悲恋を描いた物語。

ありそうでなかったストーリーは新鮮の一言しかありません。

92位。 完結済み、全11巻。

少年少女の歪んだ心を描いた作品。青春モノだが、果たしてそう言い切ってしまっていいのかは分かりません。

何のファンタジー要素もないのに、「非日常」と言えるべき内容で確実に人を選びます。

女の子の体操着を盗むとか、完全にアウトのような気がしてなりません。

特殊な子供達が送る学校生活が、良い感じに悪い道へと進んでいく様をご覧ください。

91位。完結済み、全6巻。

男子一人に女子三人が送る日常系では終わりません。それを終末世界で行っているのがこの作品です。

ある日人類は四人を残して消されてしまい、でもどうすることも出来ず、いつか元に戻る日を信じて過ごします。

元凶となるファントムの正体は? 何故この四人が? と言った伏線はきちんと回収されており、

気持ちよく終わります。読了後の余韻が半端じゃないです。

それでいて暗くなり過ぎないのも長所になります。

90位。連載中、既刊8巻。

一言で言うなら現代版シンデレラです。 親のいない主人公がお金持ちのおじいさんに気に入られ孫にされてしまう、と言うのが話の始まりになります。

綺麗な心を持つ純粋な主人公で、とても性格が良いです。相手役はおじいさんの息子の男性になります。

他人なのに親子になってしまった二人のラブストーリー。年齢が割と近くてどちらかと言えば兄妹のよう。

特殊な巡り合わせが祟って周囲への軋轢を起こしつつも、絆を深めていく作品です。

89位。連載中、既刊10巻。

美女と野獣をオマージュし、美少女と野獣に置き換えたファンタジー系の作品です。

人間化は今の所ほぼしてません。相手役の王様は獣のまま女性主人公と接します。

その女性主人公がなかなかの曲者で、悟りを開いているかのような生への執着の無さが特徴です。

獣の王様が食べるための奴隷として城へ連れてこられるも、逆に気に入られてしまうのが導入の話。

異種族の相互理解がテーマとなっています。

88位。 連載中、既刊7巻。

ハーレムラブコメ系だけど、王道はきちんと外している作品。

メインの幼馴染とくっつくのかと思いきや、仮ですがきちんと憧れの女の子と付き合うのもポイント高いです。

闇を抱えているヒロインしか周りにいない事も、既存の路線を行っていない感じがして目新しいと思います。

主人公が若干優柔不断なのでご注意を。これもラブコメというジャンルの宿命かもしれません。

87位。完結済み、全8巻。

ちょっぴりエッチな作風の漫画です。

大学生の恋愛模様を描いているはずなのに、歪み過ぎててアブノーマル感がひしひしと伝わってきます。

男性のような女性主人公、主人公に好意を抱いている援交女性、援交女性に変装する男性。その三人に振り回される男女達。

それぞれの秘め事が織りなす物語は刺激の一言。重めな恋愛です。

86位。連載中、既刊9巻。

中卒で舞妓さんのまかないさんの仕事風景を描いた作品です。

舞妓さんを目指して状況してきたのに何故かまかないをしている女性主人公の物語。

料理と日常がメインですが舞妓さんの話もちょくちょく出てきます。

花の街京都を舞台に、ほのぼのと描かれる良い話の数々は見ていて飽きません。

85位。連載中、既刊4巻。

大人気PCゲームのコミカライズ版。バトル系です。

設定が凝っていて、燃える展開が多数ある作品。

冗長気味だった原作を良い具合にアレンジしています。

主人公、ラスボスとその部下たちが個性的でドはまりすること間違いなしです。

ただ画力は原作ほど高くありません。そのあたりが欠点となります。

84位。連載中、既刊11巻。

普通をモットーに生きている女性主人公の恋愛作品です。

そんな彼女に恋をする文武両道な完璧な男の子がいますが、少女漫画にありがちな気障な感じは全くありません。犬系男子です。

純粋で真っ直ぐな恋愛物語が好きな人におすすめです。

83位。 連載中、既刊23巻。

ジャンプスクエア発祥のバトル漫画です。

とにかく王道で、かつそれなりに暗い世界観がいい味を出しています。

ですが注意して欲しいのはバトル漫画とは言っても、燃えるような展開はほとんどありません。

人間ドラマがメインと言うのでしょうか。少年少女の葛藤が多いです。敵も魅力的とは言い難いです。特にラスボスであろう人物。

しかし、だからこそ女性にも人気な理由の一つとなっています。

どこか雰囲気が『鋼の錬金術師』と似ています。女性作者だからでしょうか。

82位。連載中、既刊5巻 。

99位の銀色デイズを描いた水野先生の新作です。

ほのぼのしていた前作とはうって変わってガチの恋愛系となっています。

三角関係×3、計6人からなる恋愛模様。またも主人公は男性です。

決して爽やかとは言えない内容となっていますが、恋に悩み葛藤する姿は共感を覚えます。

81位。連載中、 7巻。

現代に住む魔女見習いの主人公。相棒に黒猫。

スタジオジブリ作品「魔女の宅急便」と似た設定のほのぼの系作品です。

不快な要素が何一つなく、ほんのり笑わせてくれる場面もあるので結構読みごたえがあります。

ふんわり、ほっこりな雰囲気。その言葉が合いすぎるくらいにほっとすること請け合いです。

80位。完結済み、全6巻。

ファンタジー系のラブコメです。不死の能力を持った少年と魔力を持った狼少女の物語。

1巻からクライマックスの展開が目白押しです。

ラブコメ特有のウジウジした悩みはほとんどありません。

良いとこどりの優等生のような作品です。

79位。連載中、既刊8巻。

少子化対策によって結婚が管理された世界でのラブストーリー。

しかし主人公は定められた相手の他に好きな人がいて、しかも両想いになってしまいます。

けれども婚約者も好きな人と同じくらい魅力的な女の子です。国に逆らえばデメリットもあります。

主人公が悩む、三角関係が主題の作品です。結構ありきたりな設定ですが、深みがあるため新鮮に映ります。

どっちを選ぶのか、先がとても気になる内容で読みごたえがあります。

78位。 連載中、既刊11巻。

19世紀後半、中央アジアを舞台にした作品です。

乙嫁とは美しいお嫁さんと言う意味です。恋物語ではなく、お嫁さんの物語になります。

一応主要人物はいるのですが、巻を追う事に別の階級や立場の女性が主役となっています。

凄く丁寧な絵が何よりの長所です。そして、作中の設定からも相当勉強されている事が窺えます。

漫画大賞グランプリにも選ばれた事もあり、おすすめできる作品です。

77位。 連載中、既刊1巻。

男性教師と女子生徒の純愛物語。表紙から繊細で切ない内容になるのかと思いきや、

親友からの裏切り等、序盤から結構エグいです。しかし徐々に盛り返してきます。

1巻という事でまだまだ始まったばかりと言った感じです。続きが気になる方は小説版もありますのでそちらをご覧ください。

76位。 連載中、既刊20巻。

究極の雰囲気漫画。ファンタジーな世界観での恋愛物語です。

登場人物達の人生と成長を描いています。バトルはおまけです。

仕事、恋愛、問題、に頑張る前向きなヒロインで好感が持てます。

王子様と恋仲になる系のありきたりな話ですが、原作者様は巧く話を膨らませ、独自の物語として昇華させています。

75位 。連載中、既刊1巻。

高校生の男性主人公が大人しかいないアパートに住みこむ、ホームコメディです。

周りは大人ばかりなので、今のところ恋愛要素はありません。

偶然にも複雑な家庭の事情を知ってしまい、葛藤すると言った内容になっています。

この作品を一言で言うなら「渋い」です。青春の甘酸っぱさが微塵もありません。

少年向けではないのでしょう。ですが緑茶の苦みのような独特な魅力があります。

2 74~50位【人間ドラマ多し】

74位。完結済み、既刊7巻。

人気PCゲームをコミカライズした作品です。

よくある生徒会を舞台にしたラブコメですが、そこに吸血鬼の要素を混ぜた物語。

それも王道と言えますが、話の構成力の深さが尋常ではないので新鮮に映ります。

それでいて主人公が常識人・嫌いな登場人物がいない等、押さえるところはきちんと押さえていると言う完成度の高さが長所です。

73位。連載中、既刊3巻。

人気ライトノベルのコミカライズ作品になります。

暗殺対象の少女の健気さに心打たれ、庇護対象とする事を決意した暗殺者の物語。

とにかくヒロインが可愛く、主人公が心変わりし応援したくなるのも納得します。

ライトノベルのコミカライズは外れが多いのですが、この作品は珍しく当たりです。

累計数十万も結果を残しており、おすすめです。

72位。連載中、既刊3巻。

アンドロイドの悲恋の物語です。

感情を持ったアンドロイドが存在する世界で、女性型アンドロイドが少年に恋をします。

しかし人間とアンドロイドの恋愛はご法度であり、世間に知れたら廃棄処分となります。

4コマ形式で描かれる物語は切ないの一言。ヒロインも健気で魅力的です。

71位。 完結済み、全5巻。

交際歴10年の男女の日常を描いた作品です。

話の構成が少々珍しく、一つの話に男女別の視点が描かれ、それぞれ1話ずつかけて展開します。

女性の思い、男性の思いの差。わずかなズレ。リアリティのあるエピソードの数々。

大人が日常を過ごすだけの筈なのにやけに新鮮味があります。

70位。完結済み、全3巻。

女性主人公のお仕事系の漫画です。

パチンコ屋のパンフレットを作る会社に就職し、仕事に恋に奮闘する様を描いた作品になります。

新社会人の苦悩、午前三時まで残業、休みもほとんどない。果ては好きになった男性は問題を抱えている。

現実は甘くないのだと、これでもかと見せつけてきます。

その中で頑張り、成長していく姿にとてもカタルシスを得ます。

キャラクターも嫌な人がおらず、魅力的な人達ばかりです。

69位。連載中、既刊67巻(新旧合わせて)。

テニス漫画の金字塔、できないと分かってもいても何故か憧れる作品です。

序盤は純粋なスポーツ漫画でしたが、インフレがいき過ぎて現在はバトルとギャグが主になりました。

それは「テニヌ」とネタにされる程です。

しかし子供の夢が詰まっているとも言え、例えようのない爽快感があります。

68位。連載中、既刊53巻。

ポケモンをコミカライズした漫画です。

正直アニメよりも面白く、よりポケモン世界に浸ることが出来ます。

アニメとは違いシリーズごとに主人公が交代するので、成長に違和感がありません。

掲載の期間が長すぎて作画担当の方も交代していますが、面白さは変わらないと思います。

子供から大人まで楽しめる至高の作品です。

67位。完結済み、全8巻。

報われない恋の埋め合わせのために近場の男子で、欲望を満たそうとする物語です。

いわゆる悲恋。好きな人には他に好きな人がいて、想いは絶対に叶いません。

どころか近場の男子さえも取られ、女性主人公の承認欲求は歪みに歪みます。そして周りの人間の殆どが歪んでいます。

ストーリー性はないに等しいものの、女性の心理描写が秀逸な作品です。

66位。完結済み、 全13巻。

がり勉の女の子と、天才だけど暴力的な男の子との物語です。

いきなり相思相愛、間接的だけど男子が女子に暴力を振るう、我が道を行く、

等々少女漫画にあるまじき要素が満載でとにかく新鮮で爽快です。

登場人物は変人ばかりで面白く、笑わせくれるようなギャグシーンもあり、それでいて感動できる作品となっています。

65位 。連載中、既刊3巻。

夫婦なのに抱いてくれない、そんなやるせなさを描いた作品です。

女性主人公は既婚者ですが、旦那が夜の営みに非協力的で悩んでいるところに、

同じ会社に勤めていて、同じ境遇を持った男性の存在を知り、心揺れてしまうと言った内容となっています。

隣の芝生は青い。その言葉をこれでもかと表現しています。

64位。完結済み、全7巻。

1990年代に流行ったジャンル「怪盗」系の作品です。

天使と協力し、人を邪悪な心に染めてしまう悪魔たちを成敗します。

これだけを聞くとファンタジーっぽいですが、舞台は現代です。

怪盗は普通の女の子がこっそりと変装しているに過ぎません。

人間の成長、強さと弱さがふんだんに入った内容となっています。

63位。完結済み、完全版全12巻 。

不朽の名作、ラブコメの原点にして、ジャンプ漫画発祥の作品です。

好意を持っている女の子を勘違いさせたり、優柔不断な態度を取ったりな、

甘酸っぱい青春が盛り沢山の内容となっています。

大人が見ると子供時代の過ちに共感して身悶えします。

この手の少年向きのラブコメは付き合ったら終わりなパターンが多いのですが、

この作品は付き合った後も描かれており、感動的なラストを迎えます。

何度も読み返したくなる正に名作と言える作品でしょう。

62位。連載中、既刊3巻。

ハイスペックな男子に告白されて付き合い始めるという、今時珍しいくらいベタベタな少女漫画です。

素朴な女の子と、ヤンデレ気味の男の子との組み合わせを中心に展開されるストーリーは非常に可愛らしい。

キャラの設定がいいのでしょうか。お似合いのカップルです。

不快な要素もなく、ほのぼのカップルに癒されたい方は是非。

61位。連載中、既刊6巻。

少年サンデーで「はやてのごとく」を描いた畑健二郎先生の新作です。

同年代くらいの可愛い女の子が、お嫁さんに来てくれるという男性の夢を満たす物語。

あちこち隠された設定はあるものの、基本イチャイチャするだけです。ストーリー性なんかありません。

でも良いのです。可愛いから。タイトル通りなので気になりません。可愛いから。

絵柄が気に入っているのなら、おすすめの漫画です。

60位。連載中、既刊1巻。

小説家になろう発祥の小説のコミカライズ作品です。ファンタジー系。

俺つえーではなく、主人公が女の子なので私スゲーですね。

怪我を治し、魔物避けのポーションを作成する等の仕事を生業としている錬金術師の物語です。

魔物が大量発生する時期をやり過ごすために、眠り薬を使って目覚めた時には数百年が経過していました。

しかも主人公が生活していた時代よりも衰退していており、物価の変動があります。

ポーションもそうです。人材が不足していて高値で売れるようになり、儲けが物凄い出ます。

第二の人生を始めるゼロからの生活。そしてそこからどう発展させていくかが導入となっています。

主人公は確かに凄いけど能力は優秀程度で、出来る事と出来ない事がきっちり分けられています。チート系ではありません。

何より明るく前向きなため好感が持てます。

なろう特有の読みづらさは薄いです。なのであまり抵抗がなく読めます。

59位。完結済み、全7巻。

漫画を夢見る大人の男女を描いた作品です。

その中でも主人公はかなりの変人です。漫画はいつでも描けるけど描かないと言った思想を持っています。

普段から言い訳ばかりしていますが、言う事は立派であり周りの人間を良い方向へと変えていきます。

しかし話が進む事に、自分が一歩も前に進んでいない事に気づき、現実に打ちのめされると言ったシビアな内容になっていきます。

コメディ系かと思いきや成長要素もあって中々に見応えがあります。

今まで怠慢に過ごしてきたツケを思い知らされる場面は、こちらも共感させられ「自分も頑張ろう」という気にしてくれる事でしょう。

58位。完結済み、全7巻。

怪盗モノ第二弾。魔法少女っぽい設定なのですが、全部手品ですませている作品です。

心理描写が秀逸で、恋愛とコメディが上手く組み合わさっています。

不朽の名作、古き良き少女漫画と言って良い程のクオリティの高さで構成されています。

かの有名な「カードキャプター」の前身とも言われ、外国にも絶大な人気を誇ります。

女性主人公の相手役の男の子も、イケメンと言った感じではなく内面の魅力が滲み出た良い人物です。

1巻がキリの良い所で終わっているので、気になった方は1巻だけ買ってみるのも手です。もちろん全巻揃えて後悔はないですが。

57位。 連載中、既刊22巻。

週刊少年ジャンプに掲載されている人気作品です。

ヒーローを夢見る少年の物語。とてもアメリカンな雰囲気が出ています。

話は王道で読みやすく、これぞ少年漫画、と言った内容となっています。

登場人物が多すぎる、敵の行動理由が賛否両論なところが少し人を選ぶかもしれません。

努力型主人公が好きな方は是非読む事をおすすめします。

56位。完結済み、1巻。

20歳以上離れた年の差で結婚した夫婦の物語になります。

この夫婦がとにかく可愛く、読めば悶絶必至です。

欠点は1巻完結で、内容が短いです。何故終わらせた?

55位。 連載中、既刊3巻。

近所の憧れのお兄さんが不治の病に侵され、特効薬が作られる数年間コールドスリープを余儀なくされ、

目覚めた時には同い年になっていたという不思議な設定の作品です。

空白の年数をどんな思いで過ごしてきたか、そんな切ない思いを抱いた女の子主人公の視点で話は進みます。

同じ高校二年生同士の高校生活が妙に新鮮で、認識のズレがすれ違いを起こしていきます。

想いは届きづらい、けど頑張ってアプローチする主人公の健気さは応援したくなります。

54位。連載中、既刊15巻。

源氏物語をモチーフにしたエッチなラブコメです。

叔母のアドバイスを受け、大学生の童貞主人公が恋愛経験値を積んで行く物語になります。

本番まで詳しく描写しないものの、行為に至るまでの過程が生々しくてエロいです。

14股を目標にし、ネジが抜けたような飛んだ設定となっていますが、

そこには男性の夢「ハーレム」が詰まっています。

53位。完結済み、全6巻。

主人公は変わらず、付き合うヒロインだけが変わっていく恋愛物語です。

最終的には一途が多い昨今の恋愛漫画にしては、一風変わった設定となっています。

ありがちなご都合主義は極力省き、現実的に起こり得るような流れで話は進みます。モテすぎではありますが。

高校、大学、社会人。出会いと別れを繰り返し、人生を積み重ねて行く作品となっています。

52位。連載中、既刊12巻。

週刊少年ジャンプに掲載されている王道ラブコメです。

学業成績の良い主人公がヒロインに勉強を教えるのをきっかけに距離が近づいていく物語です。

最高の癒し漫画で、何も考えずに読むと更に効果がでます。

ただ、似たような導入と設定の「五等分の花嫁」を先に読んでしまったら、

どうしても比較してしまい、どちらかを切らざるを得ないのが難点です。逆もまた然りです。

ストーリーとキャラクターで魅せる「五等分の花嫁」、不快要素を徹底的に省きつつ長所だけを魅せる「僕たちは勉強はできない」だと個人的には思います。

各ヒロインの優遇不遇の幅でも比較できますね。幅がほぼない方がこの作品です。

51位。完結済み、 全6巻。

終末世界を旅する少女二人の物語です。

最低限の情報しか読者に与えられないまま、話は進んでいきます。

それが非常に想像を掻き立てられます。

簡素なのにどこか雰囲気があって、気になって最後まで見てしまいます。

衝撃のラストは必見。考察しがいのある終わり方をします。その結末はご自身の目で確かめてください。

50位。 完結済み、全4巻。

タイトルの通り戦争モノなのですが、想像と少し違う作品です。

戦っているのは他人ではなく謎の侵略者。人類は減少傾向にあり、中学生を戦地に行かせるほど追い詰められています。

その環境の中で生活する村の大人と子供たちの物語です。

一人、また一人と出兵していきます。泣き、絶望し、生き残る事を夢見ながら帰ってこない。

鬱々な展開ですが、それだけではなく恋愛や友情も描かれています。

最後は詳しくは言えませんが、希望であって希望でない終わり方をしています。

決してストーリー構成が良いとは言えませんが、中々に興味深い作品です。

3 49~25位【メジャーな作品多し】

49位。 完結済み、上中下の3巻。

戦争があった昭和時代に生きる女性の物語です。アニメ映画にもなっています。

当時の生活が良く描かれおり、実際に生きた人達への配慮が窺えます。

淡々とした日常を送るストーリーに何故か見入ってしまいます。

戦争といこともあり悲しい出来事もありますが、それでも生きてゆく様に勇気を貰えます。

48位。連載中、 既刊12巻。

なろう系のライトノベルをコミカライズした作品です。

いわゆる転生モノ。俺ツェェー系です。

勘違いされがちですが、この作品の魅力はバトルではなく、開拓にあると思います。

ゴブリンの村から発展していく様は、強くてニューゲームから始めていく育成ゲームのようです。

圧倒的な人気を誇る物語を是非体感してみてください。

47位。完結済み、既刊17巻。

あの有名なジャンプ漫画の続編です。

無印同様作画は変わらず、当時と遜色ありません。

ストーリーは、序盤は一話完結で話が進みます。

貧困家庭、モンスターペアレントなど現代社会の問題にも話に盛り込んでいます。

46位。連載中、既刊5巻。

タイトルの通り兄と結婚した女性、つまり義姉と二人で住んでいる作品です。

ちなみに女性主人公は両親に先立たれ、兄も亡くなってしまったという家事情です。

基本明るめで話は進んでいきますが、時々暗い側面が出て切ない雰囲気を醸し出させます。

他人でもなく、しかし家族と呼ぶには遠慮がある。そんな心の距離の遠近が絶妙で新鮮な内容となっています。

百合要素はないはずですが、どこかそういった感じが所々に出ています。

45位。 完結済み、全7巻。

聴覚障碍者のヒロインを中心とした、複雑な人間心理を描いた作品です。

小学校時代にヒロインを苛めた主人公が、反省し贖罪のために行動する様はとても感動します。

主人公ヒロインを含めて作中の登場人物たちは、善悪強弱入り混じった内面を持っており単純に描かれていません。

自分にとって都合の悪いモノも受け入れて行く。決して爽快とは言えませんが、人間的なリアリティが他の漫画とは一線を画しています。

44位。 完結済み、全8巻。続編連載中、既刊11巻。

勇者と魔法使いが、魔王を探す旅に出る王道ファンタジーです。

RPGの世界を踏襲しているような設定で、毒なし笑いありの明るい漫画です。

過激な描写はなく、見ていて安心です。

43位。完結済み、全6巻。

飛び級で大学を卒業し、学校教員になった頭脳明晰の主人公が、

生徒達と触れ合い成長していく作品です。

よくあるラブコメとは違い、学問や研究を取り入れている点が長所です。しかし堅苦しさは全然ありません。

繊細で丁寧な絵で描かれているため、雰囲気があります。

42位。完結済み、全7巻。

スリをして受験問題の答案用紙を盗み、大学合格を狙う作品。

スリの才能を持つ主人公、参謀的な男子、仲を取り持つヒロイン。

偏った家庭に縛られた三人を解放するための物語。

一見、不正をしているだけの集団ですが、動機づけがきちんとされており決して悪と断定はできません。

成熟していない子供が内在する、危うさと脆さが巧く表現されています。

41位。連載中、既刊10巻。

妖怪と人間のハーフ「妖人」が認知された、明治大正あたりの時代設定の作品です。

男女七人三つの恋愛模様を軸に、人を不幸にする妖怪が起こす問題を解決する物語です。

三つのカップルが同時並行で絆を深めていくため、琴線に触れる話が一つはある事でしょう。

40位。連載中、既刊1巻。

純粋で真面目な主人公が、不良少女に百合的イタズラをされる漫画です。

それ以上でもそれ以下でもそれ以外でもありません。ただそれだけです。

可愛く、笑えて、表情豊かな二人の関係は尊いです。もっとやれ。

39位。完結済み、全5巻。

好きな女の子のために嘘をつく話。

ヒロインの男性恐怖症克服のために、男性っぽい女性に変装すると言った内容です。

嘘がバレれば嫌われるのは当然であり、覚悟の上でヒロインと関わる主人公。

想いを成就させる可能性はあまりにも低いが、やらなければ確率ゼロなのでやる。その思い切りの良さに好感が持てます。

優先順位は克服、恋愛は二の次だと考えているのがグッド。

毒にも薬にもならないラブコメ主人公が多い中、始めから毒を使っているラブコメ主人公は珍しい。

目つきが悪いのに女顔、と言った少し無理な設定もあるが細かい事は気になりません。

38位。連載中、既刊10巻。

なろう系のコミカライズ作品です。

無職ニートの主人公が異世界に飛ばされ、第二の人生を歩むと言った内容です。

この設定に食傷気味の方もいらっしゃると思いますが、面白いです。

なろう系でトップクラスの人気を誇るだけあり、話の構成力は群を抜いています。

主人公の心理が何よりも面白く、笑いが止まりません。

惜しむらくは、漫画はテンポの良さを重視しているためかそれが損なわれているという事です。

なろう系の源流となった作品なので是非見てください。

37位。連載中、既刊5巻。

大人気ライトベルのコミカライズ版です。

超美麗な作画が加わり、原作の面白さを別のベクトルから引き出してくれます。

美味しいものだけを混ぜて新鮮さが加わった、非常に完成度の高い作品です。

話は同じですが、もう一度この物語を追って見ようという気が起きてしまいます。

36位。完結済み、全20巻。

ジャンプ漫画発祥の有名な作品。

囲碁のルールを知らなくても物語に引き込まれる魅力があります。

主人公が歩んでいく囲碁の人生。成長と別れと挫折。

それらがふんだんに盛り込まれていて、読み応えがあります。

35位。連載中、既刊6巻。無印全12巻。

言わずもがなの待望の新章。中学生編。

漫画のクオリティとは思えないほどの作画力と、安定の癒される話。

正直永遠に続いて欲しい作品です。

他人への思いやりが際立ち、魅力的な登場人物達が織りなす物語は必見です。

34位。完結済み、上下2巻。

週刊少年ジャンプ恒例の打ち切りシリーズ。非常にもったいない。

荒廃した世界でロボットのヒロインと旅をする冒険活劇です。

主人公ヒロイン共に魅力的で、戦闘描写も良いです。

王道を地で行くような展開ですが、だからこそ面白い。

面白かったのです。

33位。完結済み、38巻。

10歳の少年が立派な魔法使いを目指し、その一環として日本の学校に教員として赴任する物語となっています。

天才ですが子供故の隙の多さがあり、周りの人たちに協力を得ながら困難に立ち向かっていきます。

序盤はバトル要素はないものの、3巻から如実に表現していきます。

女性しかいない環境での生活なのでハーレム要素満載です。

凝りに凝った魔法の設定、世界観は活かされていて読者を飽きさせません。

32位。連載中、既刊17巻。

吸血鬼が敵となり、世界崩壊後の環境で人類が生き残る道を、戦って勝ち取る話です。

吸血鬼との力の差があり過ぎて、勝つビジョンが見当たらない程、戦況は絶望的です。

しかし徐々に盛り返してきます。ですが、新たな強敵が出てきたりと再び戦局は不利になっていきます。

伏線もたくさんあって想像を掻き立てます。

31位。連載中、6巻。

表紙から見ても分かる通り、三角関係と青春の作品です。

加えて友情にも比重を置いており、憧れるような高校三年生の日々を垣間見ることができます。

キャラクターの絵も男女ともに表情豊かで魅力的です。

思い通りに行かない現実に悩み葛藤していく内容となっています。

欠点を挙げるとするなら凡人の主人公より、リア充グループの方の描写に力を入れていることでしょうか。

30位。完結済み、7巻。

スタジオジブリ作品「風の谷のナウシカ」の漫画版です。

映画では語られなかった謎が次々と明かされていき、

物語は王蟲どころか世界の秘密にまで辿り着きます。

難しい用語がたくさん出てきて、段々と哲学的になっていきますが、

それだけに奥深く映画版とは比べものにならないくらいの衝撃があります。

29位。完結済み、全11巻。

音楽を舞台にした青春モノです。

一度挫折して音楽から離れた中学三年生の主人公が、ヒロインに応援され再び音楽の道を歩み始めると言った内容となっています。

全体的に爽やかなのに、重たい描写もあるバランスの取れた作品です。

瑞々しい青春を感じられ、実に感動的です。

28位。連載中、既刊8巻。

有名忍者漫画の続編です。主人公はナルトの息子のボルト。

続編が出た事、そしてあの冒頭には思うところがありますが、

それを差し引いてもナルトの世界を再び見れるのが嬉しい。

作画も岸本先生ではないため、表情に違和感がありますが段々と慣れてきます。

27位。完結済み、全13巻。

男性が主人公の少女漫画です。

正直主人公が男らしくて衝撃を受けました。万能超人に見えるけども、ちゃんと欠点も持っている人間らしさも好感が持てます。

少女漫画的な陰鬱さは全くなく、終始気持ちよく見れる作品です。

26位。連載中、既刊25巻。

週刊少年ジャンプ発祥のバトル系漫画です。現在は月刊誌に移籍しています。

通常兵器が通用しない敵のロボットに、特別な力をもった人間が戦っていくというのが主な内容です。

ありふれた設定と既視感がある序盤ですが、主人公たちの戦いへの苦悩を見事に表現していてとても面白いです。

対立からの友情、覚醒、敵との共闘、等。抑えるべきところはきちんと押さえています。

25位。完結済み、全23巻。

異性に触れると十二支の獣に変身してしまう体質を持った、草摩家の人間を救っていく物語です。

主人公が女神かと思うほど優しく包み込んで、草摩家の人達の心の傷を癒していきます。

慕われすぎて逆ハーレムを作ってしまっていますが、それも納得できる魅力があります。

道徳の教科書にしても良いんじゃないかというくらいに、優しい作品です。

4 24位~1位【メジャーな作品多し】

24位。連載中、既刊16巻。

人気野球漫画「メジャー」の続編です。

続編とは銘打ってますが、主人公が違うため前作を知らない人でも楽しめます。

前作主人公「茂野吾郎」の息子、茂野大吾の物語です。

大吾は吾郎と違い、才能に恵まれず身長も高くありません。

偉大な父親と比べられるという、二世の苦悩が描かれています。

しかし弛まぬ努力と仲間の協力で少しづつ成長していきます。

その片鱗を見せ始めるのは中学生編からですが、小学生編も努力の源となる動機づけがしっかりしており読み応えがあります。

正直自分は才能ごり押しのファーストよりも、堅実な努力をしていくセカンドの方が好きです。

23位。完結済み、全19巻 。

金融業界に就職した主人公の目線から、お金の貸し借りについて触れて行く作品です。

少々金融の知識が古いですが、詳しく掘り下げられています。

人はこんなにもお金に無頓着なのか、と考えさせられるくらいにお金を借りた人は自ら不幸になっていきます。

絵はいいとは言えないですし、可愛い女の子も出てこない重い内容ですが、色々ためになる漫画です。

22位。連載中、既刊18巻。

ジャンプ系の中でも、王道の中の王道に分類する和風作品です。

双星の陰陽師という、特別な陰陽師になった男女の物語。

戦いあり、笑いあり、恋愛ありの三要素をこれでもかというほどに詰め込んでいます。

とにかく熱く、勢いがあって爽快です。

ただルビが少々強引すぎるのが難点だと言えます。準備運動終わりと書いて(あったまってきたぜ)など。少々大人には辛いです。

ですが少年の心をわしづかみにするパワーを持っている事は確かです。

21位。連載中、既刊5巻。

爽やかな純愛漫画です。 絵がとても綺麗で、繊細です。

ヒロイン兼主人公がとても可愛く、部活マネージャーとして頑張る姿が非常に健気です。ヒロインに個性なんていらなかったんや。

男子バレー部に関連する話になっていて、青春要素満載です。

しかし少女漫画ゆえか、男子の絡みに少女の夢が詰まっていて、男性が見ると少し嫌悪感を抱くかもしれません。肌キレイ、すべすべとか男同士でやってます。

高校生ならではのストーリーは必見です。

20位。完結済み、全7巻。

ヒロインが最終兵器というコンセプトで作られた作品です。

戦争が絶えない終末世界での恋愛模様が主な内容です。

一介の高校生でしかない主人公に、ヒロインの問題を真正面から受け止められるはずもなく、

苦悩や挫折、別れといったお互い望んでもいない間違いを何度もしてしまいます。

挙句、他の異性に心が移ってしまいそうになる事も。

しかし進歩は確実にしており、紆余曲折を経て成長していきます。

特に6巻は必見です。成長した二人の生活は、色々な感情を呼び起こさせます。

戦争があるので鬱要素は多いですが、あくまでも恋愛が主軸です。なので何故戦争が起きたのか、とかは割愛されています。

世界が終わる日に好きな人と一緒にいる。その切なさがたまりません。

19位。連載中、既刊5巻。

明治くらいの世界観で構成された作品です。

奇人狂人の巣窟、天堂家の闇に立ち向かっていくといった内容となっています。

武術の達人である女性主人公と、天堂家の人間である少年の歪んだ恋物語です。

主人公の捨て身ぶりが常軌を逸しています。いわゆる自己犠牲型。

でも無垢な可愛らしい子で、普段は明るいので話を暗くさせません。

愛憎入り混じる人間模様は見ていて飽きさせません。

18位。完結済み、 全10巻。

るろうに剣心を描いている和月伸宏先生の作品です。

主人公に好感が持てる。ありがちな設定でも上手く差別化が出来ている。先生馴染みの台詞回しが秀逸、など。

非常にバランスの取れた作品となっています。

作品特有の個性がないのが短所となりますが、無理やり作って破綻させるより全然良いので気になりません。

ベテランならではの出来の良さがあり、とても爽快に読み進められる作品です。

17位。連載中、既刊7巻。

今話題のFateシリーズの原作「Fate/stay night」の第三ルート、桜ルートをコミカライズした作品です。

原作を潰さないほどの完成度の高さで、ファンから認められています。

登場人物達は美しく描かれており、作品が持つ静謐さを損ないません。

愛が強調される話だけあって、主人公とヒロインの絆がメインです。

16位。完結済み、全10巻。

一人未婚の中年男性が親戚の子供を育てるお話です。小学生編と高校生編に分かれています。

とにかく主人公が善人です。人の温かさを持っていて、優しいです。

そんな人物が主人公とあって、作品全体に良い雰囲気が漂っています。

子供の心情を秀逸に描いた作品です。

15位。完結済み、全11巻。

他人が共同生活する、いわゆる下宿モノです。

高校生の主人公とヒロイン、大人四人が主な登場人物です。

誰も彼も個性豊かな変人揃いで、その変人たちの話が始まると爆笑できます。

巻を重ねてもシリアスな展開はなく、最後まで面白おかしく過ごすのが河合荘です。

14位。連載中、既刊6巻。

純粋な心を持つ男女のラブコメディです。ちなみに1話の時点で既に付き合っています。

主人公はヒロインの全てに、ヒロインは主人公の言葉や仕草に可愛さを見出し、身悶えます。

多少周囲の反発がありますが、基本的にいちゃつくだけの内容なのでストレスは皆無です。

13位。連載中、既刊10巻。

彼女を金で雇う「レンタル彼女」という仕事を題材にした異色作です。

本物の彼女にフラれた主人公がレンタル彼女として、ヒロインを雇うのが導入です。

終始強引な流れで話は進んでいきますが、雇われたメインヒロインは完璧な女性であり女神のような優しさを持っています。

絵が綺麗なので、気に入った方は一見の余地ありだと思います。

ただ作品としての欠点が多々あり、人を選びます。僕は読めていますが、嫌な人はとことん嫌だと思いますので、まずは1巻だけ購入してください。

欠点を挙げておきます。主人公が能動的ヘタレ。メインヒロイン万歳持ち上げわっしょい。人の話を聞かない不快なサブヒロインがいる。話が間延びして問題が解決しない。

12位。完結済み、全3巻。

物男とは、底辺の男達が家具になって金を稼ぐ仕事漫画です。

意味が分からないと思った人は正しいです。ですがツッコんではいけません。

何故ならそういう設定の作品だから。シュールでも何でもそういう設定なのです。

主人公はラブホテルの家具とあって、ちょっぴりエッチな内容となっています。

ギャグ展開で話が進むので、凄く笑えます。

そして、彼等には彼等なりのプライドがあって仕事に励んでいます。その光景には何かメタファーを感じるモノがある事でしょう。

11位。連載中、既刊9巻。

同じ顔のヒロインが五人、五つ子とのラブコメ漫画です。

五つ子全員にそれぞれ魅力があり、序盤は1話ごとに推しヒロインが変わるという稀有な作品です。中盤以降になると好みが出ます。

彼女たちの成長がメインテーマで、それ以外の部分は一切排除した構成で話が進んでいきます。

絵が万人受けするほど、非常に綺麗です。

協調と対立を繰り返し、次第に仲良くなっていくストーリー。昨今のラブコメでは太刀打ちできない程の完成度の高さです。

連載中、既刊2巻。

性癖で肉体が変わる奇病「リビド」に侵された人間達の物語を描いています。

主人公もこのウィルスに感染し、腕が膨張すると言った症状が出ています。

未成年の性衝動の葛藤がテーマになっているようですが、中高生の妄想程度の域で直接的なエロさはないです。

戦う動機が「好きな女の子のため」であり、能力発動のスイッチが「好きな女の子のエッチな姿」と、

男性には大変納得できる部分があり、とても感情移入しやすいです。

9位。完結済み、全24巻。

中学サッカーを舞台とした漫画です。サッカーを通して、子供たちの成長を描いています。

才能や体格、試合中のミス、フェアプレー、レギュラー落ち、補欠、男女の差など。

あらゆる方向から少年少女の心情を表現し、悩みとぶつかっていきます。

もちろん、家族の絆と友情も完備しています。もはや人間ドラマと言っても過言ではない程の秀逸さです。

8位。連載中、既刊9巻。

京都を舞台にした王道バトル漫画です。

退魔、付喪神といったありきたりな対極図ですが、話を掘り下げることによって深みを出しています。

ストーリー、演出、戦闘描写どれもが安定していて見ていて安心します。

登場人物も20代以上が多いため、悩みや葛藤が少なく見ていて爽快です。

7位。連載中、既刊7巻。

女の子と女の子が恋をする百合漫画です。

必要か不必要か賛否両論が分かれるコメディ要素も、舞台が女子高でもなく普通の学校での純愛になります。

個人的にはここがツボで、変に属性を付加していないのが良いと思っています。

具体的には男性キャラを極端に排除したり、イチャイチャを周りに見せつけて読者の笑いを取ったりしないところでしょうか。

秘匿の中に神秘あり、を綿密に表現した至高の百合漫画です。

6位。連載中、既刊14巻。

農業高校を舞台にした青春モノです。恋愛が主軸ではないため、ラブコメではありません。

あくまでも人生の一部、一要素として描写されておりそれを含めての「高校生活」が垣間見れます。

挫折からの成長、失敗からの経験なども細かいです。高校生は授業だけではない事を教えてくれます。

ためにしかならない教科書のような漫画です。

5位。連載中、既刊5巻。

正統派魔法ファンタジーです。

魔法が論理的に描かれており、物語にも活かされています。失敗した時の代償、手間のかかる準備などもあり現実味があります。

外国の小説を漫画で読んでいるような気になってきて、良い意味での古臭さがたまりません。

4位。連載中、既刊14巻。

今自分の中で一番話題になっているラブコメです。

笑いありイチャイチャありの王道漫画です。

「相手に告白させる」ルールの元、序盤はオムニバス形式で話が進みます。

男性は格好よく、女性は可愛い。ハーレム要素のない基本的な構成で話は進みます。

ただ登場人物達は一部を除いて、人格が成長しきっているためそのあたりを求めている人にはお勧めしません。

付き合うまでの過程を楽しみたい人向けの作品です。

3位。連載中、既刊15巻。

週刊少年ジャンプ発祥のバトル漫画です。

人を喰らう「鬼」に家族を殺された主人公が、鬼にされた妹を人間に戻すために戦います。

メインヒロインは喋らない妹になるので、恋愛要素はありません。登場する女性たちはみんな魅力的ですが。

主人公が一から戦う術を学んでいくため、若干尻上がり気味です。ジャンプ主人公は最初からそこそこバトルに強いの人物が多いため珍しいです。

しかし主人公はおよそ人として欠点のない人格者なので、不快にはなりません。

この作品こそ、努力・友情・勝利の法則で描かれているのではないかと思います。

2位。連載中、既刊2巻。 無印版28巻。

大本命。帰ってきた我らが剣心、剣客浪漫の続編です。

週刊時代では語られず、お蔵入りとなった北海道編がついに始動。

ただ連載してくれるだけで嬉しい。それほどまでにおすすめできる作品となっています。

従来のテンポの良さは衰えているものの、そんな事はどうでもいいと跳ね除けるくらいに面白いです。

シリーズ完結編となる今編。これを気に読んで見てはいかがでしょうか。

1位。連載中、既刊27巻。

漫画界を支える漫画の一角とも言えるべき、メジャーな作品です。

殺すためだけに人間を口に入れる巨人に抗う物語。

ストーリーが一話から練っていたのかと言わんばかりに隙がなく、

何度も読み返していく内に見え隠れする伏線に飲み込まれて現実に帰ってこれません。

倫理も道徳もないのかと思いきや意外な背景があったりと、序盤と最新刊では雰囲気が全然違います。

記憶を消して一から読みたいと思える漫画ですね。おすすめです。

5 終わりに

如何でしたか? 手に取って見てみたい漫画はありましたでしょうか?

冒頭でも言ったように、ここではなくても書店や漫画喫茶などでもかまいませんので是非読む事をおすすめします。

一位までの長い時間読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です