【赤髪の白雪姫112話ネタバレ】白雪達はルギリア邸に留まる!?ゼンがお忍びで来訪する! - 二次元感想レビュー録

【赤髪の白雪姫112話ネタバレ】白雪達はルギリア邸に留まる!?ゼンがお忍びで来訪する!

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫112話より引用◇

 

ルギリア・エイセツが仕向けたせいで、白雪達はルギリア邸へ留まることになった。

言葉に出さないものの、表情で怒りを伝える白雪。

家来のシュウにそれをしてもあまり効果はなく、エイセツとは謁見もままならない。

悶々としている白雪であったが、何とゼンがお忍びで来訪する。

久しぶりの再会に安堵する白雪は、頭を冷やして適切な対応をとれるようになるのか。

赤髪の白雪姫112話 ミツヒデは護衛の仕事

 

帰宅しようとするヒサメと木々を迎えたのは、ミツヒデであった。

木々は驚く前に考えて察した様子。

何故来たのかという問いに、護衛だと答えるミツヒデ。

ヒサメは木々だと勘違いしていたが、ゼンの護衛であることを言う。

このタイミングで来たことに木々はため息。

ミツヒデは、何か問題が起きていることに気づいた様子で2人に尋ねるのだった。

 

赤髪の白雪姫112話 白雪は何も言わない

 

仮病であるシュウを一応看病する白雪達。

結局エイセツは夜会以降白雪に会うことはせず、就寝となった。

つまり話は翌日に流れたということで、それまではルギリア邸に滞在しなくてはならない。一晩を明かすことになる。

白雪はシュウに対して何も言わなかった。言っても仕方ないと思ったのだろう。

翌日には答えがでるはずで、家来である彼にこれ以上詰めても意味がない。

しかし表情だけは、怒っていると伝えてシュウの部屋を後にした。

 

 

赤髪の白雪姫112話 オビはゼンを見つける

 

部屋を用意させられた白雪達。

リュウは眠たげで今にも寝落ちしそうである。

オビは何か気配を感じたのか、武器を持ち外へ出る。

人の影、背後から抜身の剣を向けた相手はゼンだった。

オビはゼンだと分かっていて、ゼンはまず最初にオビを誘き出した。

王子と護衛。一つ間違えば罰が与えられもおかしくはなかったが、そこは信頼関係が為せるワザ。大した問題にはなっていない。

オビはミツヒデを労いに。ゼンは白雪の部屋に向かう事となる。

 

赤髪の白雪姫112話 ゼンはお忍びで来訪

 

そうして、白雪とゼンは再会を果たした。

お互い心の準備はできなかったが、それでも会えた事を喜び合う。

ルギリア家対策の詳しい話は次回の113話になるようで、場面が飛ばされている。

2人はオビが来るまで核心には触れず、ただ絆の再確認をするだけに留まる。

帰って行くゼン。ミツヒデとオビは再会出来た様子である。

ただのお忍びでの一時であったが、白雪は気が紛れただろうか。

すぐにゼンは帰って行ったということは、自分達で何とかするという答えに至ったのだろう。

白雪の、エイセツへの対応に期待が集まるばかりである。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。