【最新話感想】赤髪の白雪姫(112話):ゼンがお忍びで来訪!?再会を果たす!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】赤髪の白雪姫(112話):ゼンがお忍びで来訪!?再会を果たす!【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(112話) より引用◇

エイセツ氏の策謀にどう決着をつけるのかと思いきや、まさかのゼンが登場。

木々の迎えが来訪の理由だが、全て事情は知ってる模様。

シュウ・グラトリを責めなかったものの、あからさまに不機嫌だった白雪は一瞬でご機嫌になる。

しかし結局は何もせず帰っていった。再び会う時は来るのだろうか。

1  赤髪の白雪姫112話 シュウ・グラトリを睨む白雪

エイセツ氏は客人を見送ったらそのまま休みに入るようである。

仮病ではあるが一応の体裁として、シュウ・グラトリに薬湯を渡すリュウと追従する白雪。

表情は固く暗い。出しに使われ頭に来ている様子。

白雪はシュウ・グラトリに冷たい視線を向け、何か言葉をかけようとするも一瞬押し留まる。恨み言の一つでも言おうと思ったのだろう。だが彼は家来でエイセツ氏には逆らえない身分。責はないと察したのか、患者に接するように丁寧な対応をする。

口には出さずとも睨みつける白雪の視線を躱すシュウ・グラトリ。白雪が出て行った後、一人愚痴を漏らしている。

中間管理職というのはなかなか辛い立場と思う次第である。

2 赤髪の白雪姫112話 現れるゼン

急遽ルギリア邸に泊まることになった白雪達。エイセツ氏は帰したくなかったのが明らかになる。

まだ事情は分からないが大勢に知らせるくらいだから危険性はないだろう、と白雪は判断。けれどオビは念のため外の様子を確かめに行く。リュウは眠たげ。

そうしてオビは怪しい人物を見つけるも、ゼンだったというオチである。

分かってはいても剣を突きつけているオビと、それでも絶対に危害は加えないと信じているゼン。相変わらずの信頼関係。

オビが見まわりに来ることを予想した上で、先回りしていたのだ。

何故そんなことをしたのかは言わずもがな。白雪に会うためである。

3 赤髪の白雪姫112話 再会を果たす白雪とゼン

白雪とゼンは再会を果たす。寝ているリュウに気を使って隣の部屋に移動する。

木々から事情を聞いて、放っておくわけには行かなかったというのがゼンの思いである。

ヒサメの外套を借りていて、もし存在がバレた時共犯にするつもりにしていたゼンの無茶を白雪は笑う。

二人は抱きしめあい一時を共有するも、それはほんの短い間だけだった。外にミツヒデを待たせているのだ。

正面玄関から出直して来た方がよければそうする、とはどんな意味合いで言ったのだろうか。手を貸して欲しければそうする、という意味なのだろうか。

白雪はろくに返事もせず、部屋から見送るだけに留まる。

二人の逢瀬はこれでおしまい。ゼンが白雪の背中を押した内容だったような気がする。

「赤髪の白雪姫」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


赤髪の白雪姫【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

※電子版LaLaの発売は、雑誌版の発売日から翌月の5日に更新となります。これはどの書籍サイトでも一緒です。ご注意ください。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です