【最新話感想】赤髪の白雪姫(113話):エイセツ氏の用事はオビ!?【ネタバレ込】 | こぶたを糧にしてくれ

【最新話感想】赤髪の白雪姫(113話):エイセツ氏の用事はオビ!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(113話) より引用◇

エイセツ氏は白雪ではなく、オビに用があるみたいだ。

ゼンのおかげで冷静な判断力を取り戻した白雪は、

自分の意志でルギリア邸に留まる事を決めたものの、

あまり意味のないものになってしまった可能性が浮上。

だがそれも内容次第か。

やはりというべきか、エイセツ氏はわざと白雪に求愛したという事になり、

事態は思わぬ方向へ進みそうな気配が濃厚である。

お家騒動のような気もする。

1 赤髪の白雪姫113話 ゼンとの会話

前回でのゼンとの会話の回想。

力を失ったベルガット家の代わりに、ルギリア家に期待がかかっているのだとゼンは推測を立てている。

ベルガット家がゼンの側にいるのが気に入らないという貴族もいて、苦労していると言う。

だがゼンに近づくために白雪を口説いた線は薄い。ゼンから見れば最悪だからである。

会話の節々からゼンの立場を気にしていた白雪にゼンは「好きにしていい」と励ます。

それを聞き白雪は自分の意志で留まる事を決める。

ミツヒデが教えてくれた「関係を築くべき相手はちゃんと分かるもの」という言葉を指針にしている。

ゼンは最後まで心配している。

2 赤髪の白雪姫113話 リュウは動く

翌日の朝。

一人先に寝ていたリュウは、白雪がパーティで怒っていた事を朝食時に確認すると、

すぐさまシュウ・グラトリの元へ赴く。

容態の観察というのは建前で、同じ職業の人間としての誇りを語るリュウ。

宮廷薬剤師。貴族に軽視されるわけにはいかないのだろう。

シュウ・グラトリは正直に謝罪をして、リュウの言葉に共感の意を示す。

その思いはすぐにエイセツ氏に届けられ、ついに彼も動き出す。

考える事が多すぎて、一歩踏み出せなかった模様である。

ベルガットよりも先んじて動かないといけないという思惑があることも判明。

「赤髪の白雪姫」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


赤髪の白雪姫【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

※電子版LaLaの発売は、雑誌版の発売日から翌月の5日に更新となります。これはどの書籍サイトでも一緒です。ご注意ください。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 赤髪の白雪姫113話 エイセツ氏、白雪の部屋に訪問

再び夜。白雪達は都合一日中、ルギリア邸に在留していたことになる。

白雪の部屋を訪問するエイセツ氏であったが、オビの部屋だと勘違いしていたと弁明する。

それもそのはず。彼が部屋に来ることを予想して、白雪とオビの部屋は入れ替えておいたのだ。

しかし予想外にも、白雪ではなくオビに用事があったとエイセツ氏は語る。

やはりゼンに直接取り次いで欲しいことがあるのだろうか。

オビ自身に用があるとすればそれしかないし、別にあるとすれば腕っぷしの依頼か。

何にせよ、エイセツ氏は真剣な表情なので、

これより先は真実を述べるのだと思われる。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です