炎炎ノ消防隊(ネタバレ196話と予想197話):第8消防隊一同は無事離脱! | 二次元感想レビュー録

炎炎ノ消防隊(ネタバレ196話と予想197話):第8消防隊一同は無事離脱!

 

 

 

 

◇大久保篤先生:炎炎ノ消防隊(196話より)◇

むーんらいと仮面の活躍により第8消防隊は、彼共々無事に離脱に成功。

やはりというべきか、正体は紅丸であった。

しかしハウメアはこの流れを予想していたようで、6人の柱が揃ったと意味深なことを言っている。

白装束の最後の準備とは一体何だろうか。

▽この記事は、2019年11月6日発売の週刊少年マガジン2019年49号に掲載されている漫画作品「炎炎ノ消防隊(196話)」のネタバレと197話の展開予想を書いたものです▽

1 炎炎ノ消防隊196話 正体は紅丸

むーんらいと仮面の正体は紅丸だと、敵味方にあっさり見破られている。

紅丸は紺炉からの説得によってこの場に現れたことが判明。
どうやら皇国の敵になるわけにいかないと判断して変装した模様。

白装束に攻撃を加えていき、逆に攻撃を防ぐことも行っている。

半径4メートルの熱を支配しての防御行動は正に月光。

敵が驚愕している中、紅丸はじゃすともーめんとの意味を考えていた。

ちなみに「Just moment」は『ちょっと待ってください』の意味である。

桜備救出、シンラ気を失う

ジョーカーは桜備についていた虫を燃やし、救出する。

死ぬかと思ったとは桜備の談。

急いでその場を離れようとするジョーカー。

桜備はバーンズがどうなったかをシンラに聞き、事情を全て把握。

シンラに託し、最後まで国のために戦ったと解釈。その上で国を守ろうとシンラに言う。

返事もできずに気を失う中、シンラは桜備に抱えられ人の温もりを感じていた。

世界も国もこうでなくてはいけないと思っている。

離脱成功と最後の準備

白装束を「怪物だらけ」と評価しながらも、味方全員を逃がしつつ攻撃を加える紅丸。

効きはしなかったものの、ジョーカーから「遊んでいる」と言われる程度には余裕を持っている様子。

ドラゴンとも対峙。またもや紅丸の攻撃がまったく効かない。

だが、「居合手刀・二の型・月光」による火の目くらましで、離脱に成功する。

白装束、ハウメアは追う事を指示しなかった。

全部想定通りに事が運んでいると言うのだ。

天照、ハウメア、ショウ、シンラ、ナタク、紅丸の6人が揃ったことが重要であるらしい。

最後の準備。星が燃え尽きるのはもうすぐだと言っている。

要するに世界滅亡までの時間があとわずかということか。

とにかくシンラ達は疲弊している。態勢を整える必要があるだろう。

「炎炎ノ消防隊」の最新話が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読む


炎炎ノ消防隊【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、週刊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

そしてアニメの方も絶賛配信中です。この機会に一緒に視聴してはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 炎炎ノ消防隊197話展開予想 後日談か

炎炎ノ消防隊197話の展開予想。

ハウメアが言っていたことの謎は多い。しかし白装束が本格的に動き出すのは間違いないだろう。

ここからは消耗戦。どちらも全戦力を投入することになるのか。

だがその前に、主人公シンラたちには休息が必要であることから、まだ少しの猶予があるのではないか。

次回はバーンズを悼む回としての後日談が行われると予想する。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です