余計な一言が多い人の特徴6つとは? - こぶたを糧にしてくれ

余計な一言が多い人の特徴6つとは?

お節介をかけてくる人の中には、度を越えて接してくる人がいます。

こちらが迷惑と言っても、話を聞かずに干渉してきて嫌悪感を抱きますよね。

それを「余計な一言」といい、本人が望んでもいないことを無理にでもやらせようとしてきます。

あまり関わたくないと普通の人なら思うことでしょう。

もしかしたらあなたも無意識にやっているかもしれません。

今回は余計な一言を言う人の特徴や心理を紹介していきます。

自分が該当するならすぐに改め、周りにいるならできるだけ関わらないようにしましょう。

1 余計な一言を言う人の特徴6つ

 

余計な一言を言う人の特徴は2つに分けられます。

能動タイプと結論タイプです。

能動的に言ってくるタイプと結論を言ってるタイプです。

本人は普通にスキンシップをしているつもりなのでしょう。

以下で詳しく説明します。

特徴1 能動タイプ① 冗談を言って笑わせようとする

話しかけてくる人の中には冗談を言って笑わせようとしてくる人がいます。

それだけであるなら良い人なのですが、言葉を選ばなすぎて普通に悪口になっている人がいます。

例えば「この前より太った?」や「馬鹿じゃねぇの?」とかです。

相手がネガティブに捉え、傷つくかもしれない言葉は余計な一言だと言えます。

言った人と同じくらい笑えないのなら、それはただの嫌がらせです。今すぐに止めましょう。

特徴2 能動タイプ② 人を変えようとしてくる

俗に言う、聞いてもいないのに「○○はやめておいた方がいいよ」「○○がいいよ」と言ってくる人は余計な一言であることが多いです。

趣味嗜好は性格に基づいており、人それぞれです。自分の思い通りに変えようとするのはよくありません。

そもそも変える必要がない場合がほとんどです。

変える必要があったとしても、スタートを切るタイミングはその人の自由です。他人が操作していいものではありません。

むしろ逆効果な可能性も出てきます。半ば意固地になり固執するきっかけを与えかねません。

人は人、自分は自分と割り切って我慢しましょう。



特徴3 能動タイプ③ 気づかう言葉を連発

「大丈夫?」や「分からないことない?」といった言葉を連発する人がいます。

相手を気づかって言っているのかもしれませんが、うっとうしく感じる場合もあり、苛つかせてしまう原因になりかねません。

また不安を押し付ける印象を与えて、不安にさせてしまいます。

あんまり言うと「何度言うつもりだろう」と思われ、警戒される場合もあるので注意しましょう。

特徴4 結論タイプ① 思ったことを全部口にする

「どうせ○○だから」、「できないから」と思った事を全部口にするのも余計な一言です。

それは正解なのかもしれませんが、然るべき場所以外で言ってしまえば傷つけてしまいます。

何で傷つくかは人それぞれ。言葉を慎重に選ぶ必要があります。

もっと広い目線で人を見ましょう。そうすれば自分も小さなことを気にしなくなります。

特徴5 結論タイプ② 一般論を言う

あなたを思って、結婚はした方がいい、性格を直せ。

別に指導する立場でも、自分が出来ているわけでもないのに、賛否両論な一般論を口にしては嫌われてしまいます。

人に迷惑をかけているのならまた違ってきますが、悩んでいないなら正す必要もないでしょう。

価値観の違いは人によって違います。その事を理解しながら自分と異なる相手を慮るのは大切な事ではないでしょうか。



特徴6 結論タイプ③ けなす一言を入れてしまう

「これはできるのにあれはできないんだね」、「手伝ってくれてありがとう、でも遅かったよね」

仕事をしている時の例になります。主に相手を褒めた後にけなすパターンですね。

つい思ったことが口に出ている印象があります。

上司が部下に言う時にこのような一言がでます。要するに下に見ているのですね。

「自分の方が優れていたい」という心理が奥深くにあるのかもしれませんし、

「こいつなら何を言ってもいい」という甘えが出ているのかもしれません。

感謝の気持ちを相殺してしまうような発言は信用を失い、

人の心が離れていくきっかけにしかなりません。

終わりに 発言する前に考える

 

余計な一言を言う人の特徴を紹介していきました。

発言の前に「自分が言われたらどう思うか」を一考してみるのが一番の近道です。

言われた相手も悪気がないことはきっと分かっていると思いますが、

それでも何度も言われると辛いものです。

余計な一言を言う人は、上の立場の人が下の立場の人に言ってしまう傾向が多いように感じます。

つまりご年配の方が該当してくることになります。

日頃の疲れ、立場の重圧からつい気が抜けてしまう気持ちはお察しますが、

ほんの少し気をつけるだけ印象は変わっていきますので、労う意味でも正しく発言することを願います。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です