【ハイキュー(366話)ネタバレ】鳥野、日向がいなくても互角の試合!? | 二次元感想レビュー録

【ハイキュー(366話)ネタバレ】鳥野、日向がいなくても互角の試合!?

(ハイキュ―!! 第366話 より)

前回で日向が退場し、最終ラウンドで戦力ダウンをくらった鳥野だが、それでも互角の試合をしていた。

その理由はイメージ。日向が開いたブロックを崩すイメージが攻撃を繋げさせていたのだ。

結果同点のまま22対22。ここからは運も絡むし、奇跡も起きるかもしれない。

勝率は五分五分。別の要素でどこまで引き上げるか。

研磨が用意したタブレットで試合を見る日向にも緊張が走る。

最終ラウンドの最終決戦が始まろうとしている。

●この記事は、2019年9月21日発売の週刊少年ジャンプ2019年43号に掲載されている漫画作品「ハイキュー!!(366話)」のネタバレと感想を書いたものです●

1 ハイキュ―366話 影山の言葉

選手層が薄いから鳥野不利になってキツそうと外野は言う。後半部分は誰も思っていることだろう。

しかし影山は問うように鳥野メンバーに言った。うちのスパイカーは皆強い、ですよね?

剣、槍、斧。それぞれの特徴が違うように鳥野もまた自分だけの武器を持っている。

日向と影山はセットで力を発揮するが、他の選手は単独で活躍できて強い。

自分の力を最大限に活かせば勝てない試合ではないと影山は発奮させているのだろう。

コートに向かう鳥野表情が締まっている。最後までくらいつくといった覚悟を窺わせる。

鴨台はそれを見て流れなんてどちらにも来てないと実感させられるのだった。

2 ハイキュ―366話 日向はコートに居る

別室で日向は試合を見る。励ましに来た研磨がタブレットを貸してくれたのだ。

病院に向かう間もマネージャーの谷地と目が食い入るように見ている。

影山が成田にパスして点を入れている。ブロックされようとしても強気なプレーは変わらず、鴨台守備陣を翻弄。

一点リードされたまま鴨台はメンバーチェンジ。

不得意をなるべく補い、強いターンを持続させていると推測する日向。

そんな様子を見間近で見て谷地は、「コートに居る」と感じている。

心は置いてきたと言わんばかり。

「ハイキュ―」最新巻を無料で読む


ハイキュ―【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

アニメも絶賛配信中です! この機会に一緒に視聴してみてはいかがでしょうか?

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 ハイキュ―366話 試合は互角

ブロックをする鴨台三枚の壁をすり抜けるように、田中の超インナークロスが決まる。絶妙の角度である。

今までの鳥野の攻撃は何故獲れていたのか曖昧な点の獲り方だったが、

日向が見せた防壁を崩す姿によって、イメージが明確になってきたのだ。

これはこうする、あれはそうする、と言った答えが鳥野メンバー全員がそれぞれ持っている。

離れてはいても日向の影響が出ている。日向も日向で真剣に見つめている。

22対22から始まるサーブは影山から。試合は互角。

勝敗がどっちに転んでも不思議ではない状況の中、一体どちらのチームが勝利を手にするのだろうか。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です