【呪術廻戦考察】五条悟が復帰するのはだいぶ後!?宿儺復活の時くらいがちょうど良い! - 二次元感想レビュー録

【呪術廻戦考察】五条悟が復帰するのはだいぶ後!?宿儺復活の時くらいがちょうど良い!

 

◇芥見下々先生:呪術廻戦91話より引用◇

 

五条悟と言えば、呪術師界にとって重要な人物。

虎杖のような、上層部から嫌わている異端の呪術師を、迫害から守る存在。

更に呪霊や呪詛師にも睨みを聞かせ、大人しくさせている。

しかし、呪霊側に獄門疆で封印されてしまった。

これによって、呪いによる被害は拡大していくだろう。

早期復帰が望まれるが、話において彼が再登場する日は遠いのではないか。

1 抑止力

 

五条は味方にとっても敵にとっても、抑止力になっていた。

呪霊は倒されることを恐れ、呪詛師は粛清されることを恐れ、呪術師界は五条がいないと成り立たない。

彼個人の力が圧倒的すぎて、真正面からは誰も太刀打ちできなかったからだ。

そして、味方。

五条がいることで、不幸を免れた異端の呪術師が後を絶たない。

宿儺の指を取り込んだ虎杖、特級過呪怨霊を従えていた乙骨、本家への供物にされていた分家の伏黒、等など。

あらゆる制限を五条がかけていたのだ。

2 五条が復帰するのはだいぶ後?

君、強過ぎるんだよ

 

◇芥見下々先生:呪術廻戦90話より引用◇

 

これは呪霊側の夏油傑の肉体を操っている脳みそが言った言葉。

原作者様のメッセージにも思えてならない。

五条がいれば五条の活躍になり、他の登場人物が活躍できない。

毎度毎度、トリックスターを食いつぶす程の存在感を示している。

敵側が圧倒的不利であり、五条一人で充分と話の緊迫感に欠けるのだ。

そして、彼と比する実力者が出ていないのも拍車をかける。

呪霊側にそんな存在がいれば多少は緊迫感が出てきたかもしれないが。

現れるまで復帰するのは、難しいだろう。

3 宿儺復活の後ぐらいがちょうど良い

 

登場している人物の中で、五条に対抗できる相手とすれば完全復活した宿儺しかいないだろう。

本気を出さないといけない、とも発言している。

全くの同列かは不明だが、「宿儺の指何本分」という指標が出ていることが作中でも示されており、呪霊側では宿儺が一番矢面にあがる。

それだけに、虎杖が宿儺の指を全て取り込むまでは復帰はないのではないか。

二頂対立が出来れば、パワーバランスが丁度良くなり、緊迫感を取り戻すだろう。

現在虎杖が取り込んだ指は4本。まだまだ遠い。

思った以上に五条封印は長引くのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。