【呪術廻戦102話ネタバレ】冥冥の切り札は鴉!命を懸けた縛りで撃破! - 二次元感想レビュー録

【呪術廻戦102話ネタバレ】冥冥の切り札は鴉!命を懸けた縛りで撃破!

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

◇芥見下々先生:呪術廻戦102話より引用◇

 

冥冥と特級呪霊の戦いが呪術廻戦102話のメインです。

彼女の切り札は鴉でした。

命を懸ける縛り。それを鴉に強制させ特攻させるというもの。

これによって特級呪霊を撃破し、偽夏油の戦いに移行します。

 

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

呪術廻戦102話 正直に話す虎杖

 

弟は最後に何を言い遺したか、という脹相の問い。

虎杖は正直に話します。

簡潔にただ一言。泣いていた、と。

悪い意味は悪い意味なのですが、脹相は更に最悪な想像を抱いていると思われ、

怒りを顕わにします。

やはり呪霊と人間は戦う運命にあるようです。

 

呪術廻戦102話 命を懸けるは合言葉

 

特級呪霊の領域展開に対し力技で破っていく冥冥ですが、ジリ貧です。

体力の限界。あとには夏油も控えているので、消耗は控えたいのです。

しかし必中であるため避けられません。ですが、欠点もあります。

一人にしか発動させられないのです。つまり標的を憂憂にすれば、隙ができます。

憂憂は一度でも攻撃を受ければ死にます。それでも冥冥は頼みました。

私のために死んでくれるかい? 憂憂は快く了承します。

味方一人を犠牲にした行いと本来は見て取れるのでしょうが、

二人にとっては合言葉です。

憂憂の呪術の使用許可という意味です。

簡易領域。呪術を中和させ、攻撃を防ぐというものです。

憂憂を死なせるつもりは毛頭なく、時間稼ぎのためであったようです。

これで特級呪霊に隙ができました。

 

呪術廻戦102話 冥冥の切り札は鴉

 

黒鳥操術。それが冥冥の術式です。

動物を操るという強いとは言えない術式ですが、それが彼女の切り札でもありました。

あっさり特級呪霊を祓うことに成功します。

命を懸けた縛りを鴉に強制させ特攻させたのです。

能力を簡単に底上げするには、命の消費が一番手っ取り早い。

呪力制限を消し去り、種の持つ最大限の力を手に入れたのでした。

苦もなく勝利。これで体力を残したまま夏油と対峙できます。

しかも、鴉のストックは膨大。五条以外に防ぐことが出来ないその術をふんだんに使用できます。

下手したら、五条の次くらいに強そうな冥冥に夏油はどう戦うのか。

次回も楽しみです。

 

『呪術廻戦』の最新巻を無料で見る

 

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

『呪術廻戦』が掲載されている最新巻が無料で読める方法があります。

U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで購入する事です。ただし、週刊少年ジャンプは購入できないので注意してください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでに他のアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

U-NEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です