ゴールデンカムイ(214話):最新話ネタバレ感想「雷型駆逐艦VS樺太連絡船」 | 二次元感想レビュー録

ゴールデンカムイ(214話):最新話ネタバレ感想「雷型駆逐艦VS樺太連絡船」

 

 

 

 

 

◇野田サトル先生:ゴールデンカムイ(214話)より◇

2019年9月26日に発売された週刊ヤングジャンプ43号掲載の漫画作品、

「ゴールデンカムイ(213話)」のネタバレ感想記事です!

ゴールデンカムイ214話簡易まとめ

鶴見中尉率いる駆逐艦に追いつかれる寸前、目の前に流氷が立ちはだかる。

偶然にも杉元達が乗っている連絡船への威嚇射撃によって、道が開かれる。

しかしそれにも限界があり、連絡船は進行を停止。駆逐艦に追いつかれた。

交戦になるかと思いきや、杉元達は流氷を渡って逃げ果せる。

鶴見中尉は先に北海道で待ち伏せする方針を決めた。

1 ゴールデンカムイ214話ネタバレ 

前回のあらすじ

アシリパは怪我だらけの杉元の止血をしてから港に向かう。

旅館の女将の情報によって定められた場所、日時に北海道への連絡船が来ることを彼女は知っていたのだ。

ヴァシリ、白石、谷垣と無事に合流。しかし谷垣には別れを告げる。

鶴見の中尉の手の内にあるアシリパの村。一緒に来れば戻ることができないためである。

何とか連絡船に間に合う事に成功した杉元達だったが、鶴見中尉は諦めておらず駆逐艦で再度追跡を開始した。

杉元の策

目の前には流氷が広がっていた。しかし連絡船の艦長に銃を突きつけ、進行を止める事を許さない杉元。

砕氷船ではないと言う艦長。幅百メートルはある流氷は絶対に越えられない。

速度を落として船首を流氷の帯に向けろ、と杉元は別の指示を出す。

すると駆逐艦が発砲。威嚇射撃として放たれた砲弾は流氷の帯びを破壊し道を作った。

全ては杉元の読み通り。白石は彼を、脅し行為に詳しいと褒め称える。



逃亡完了

駆逐艦が流氷に到達する頃には、流氷の帯が再び閉じていた。

鶴見中尉は杉元の策に気づき、鯉登少将に発砲して道を作るよう指示を出す。

速さも砕氷力も駆逐艦が上。追いつかれるのも時間の問題。

状況を見たアシリパは白石と共にベッドに使用する白い布を集める。

駆逐艦が連絡船に追いつき、鶴見中尉の部隊が杉元達を呼ぶように命令するが、既に逃げ果せていた後だった。

流氷の上を渡って逃げたのだ。

流氷の動きが早く、もたもたしていたら動けなくなる。鯉登少将の見解。

自分が下りて追跡しましょうかという宇佐美の提案を鶴見中尉は却下する。

200メートルからでも可能であるヴァシリの狙撃の良い的にされるからである。

陸兵だけを連絡船に残し、駆逐艦と一緒に稚内から南下し、集落の捜索の方針を取る鶴見中尉。

ゆっくり話したいことがあったと名残惜しげに言う。

巨大な獣

逃亡完了を確信し、ひとまず逃げ切ったと安心する杉元達。

連絡船で二時間の距離の稚内。加えて途中まで来ていることから、何とか辿り着けると判断する。

アザラシのような食糧はないかと探すが、見当たらない。

しかしクリオネは発見する。アイヌでは食べない事から、クリオネの名前もないらしい。

事前に用意していた木の板を使って流氷を渡る楽しげな杉元達。

そんな彼らを臭いで捉えている巨大な獣がいた。

風貌から見た感じ、白熊である。

「ゴールデンカムイ」の最新話が掲載されている週刊ヤングジャンプをを無料で読む


ゴールデンカムイ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで週刊ヤングジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

1 ゴールデンカムイ214話 感想

杉元達は逃げ果せ、いつもの「アハハ」「ウフフ」が聞けた214話。

鶴見中尉が話したがっていたのは、アシリパか杉元か気になるところ。

迫っている獣おそらく白熊、は美味しく食べてしまうのか。

熊の脳みそは物凄い栄養があると作中で明言していたことから、次回か次々回でアイヌ料理が見れるのかもしれない。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です