【ネタバレと予想】彼女、お借りします(109話と110話):打ちあわせ終了後に瑠夏が訪問! | 二次元感想レビュー録

【ネタバレと予想】彼女、お借りします(109話と110話):打ちあわせ終了後に瑠夏が訪問!

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度109話) より引用◇

水原が帰宅する直前に瑠夏が家に来る。
アポ無しの突撃訪問に和也と水原は動揺を隠せない。

いよいよこの時がきてしまった。二人きりの夢のような時間は終わり、冷めるような現実が立ちはだかる。
水原の作ったオムライスを食べ、ライン連絡が解禁され、 次の打ち合わせに心躍らせながら、気持ちよく朝を迎えることができたはずなのに。

瑠夏も瑠夏で連絡の一つくらいしていれば、好きな人が別の女性といる嫌な光景を見る事はなかっただろうに。

暴風は避けられない。万が一都合よく治まったとしても、協力を申し出るのは目に見えている。

どうすればいいのか。どうすればよかったのか。

もういっその事、仲裁をお願いできませんかね、隣人の八重森みにさん。

●この記事は、2019年9月25日発売の週刊少年マガジン2019年43号に掲載されている漫画作品「彼女、お借りします(109話)」のネタバレと感想、そして次話110話以降の展開予想を書いたものです●

1 彼女、お借りします109話 手料理はオムライス

水原が作った手料理はオムライス。和也の冷蔵庫には食材が何もなかったため、自分の家から調達してきた模様。

絶望から感激と、感情の揺れ幅が大きい和也。だが結果良ければすべて良し。

出来は美味すぎるくらい美味いとのこと。スペックという遺伝子の理不尽さを再び噛みしめることになっている。

当の水原はいつものように澄ましている。今度は体を抱くようにではなく、体育座りで感想を待っている。我慢できずに自分から聞いてくるまである。

一生食っていたい思う和也を尻目に、自分の家に戻ろうとする水原。照れくさくて見ていられないのだろう。

帰ったら一人で悶絶しだすと思われる。

2 彼女、お借りします109話 ライン解禁

和也は自分の貯金すらも出資に当てるつもりでいる。

水原は大反対。自分の夢のために頑張ってもらっている手前、それ以上何かするのは申し訳なく感じている。加えて彼女は一銭も出せないのだ。

しかし和也の決意は固い。自分の夢に協力してもらっている姿勢を崩さない。これは俺の夢なのだと。

自分の夢に金を使うのは自由。だから背負うし、背負わせない。

水原は渋々引き下がる。そして、何かあったらラインするように言う。

ライン! と和也は強調する。無理もない。好きな人との個人ラインが許可されたのだ。アイドルと電話番号を交換したようなものである。

関係が少しずつ変わっていっていることを自覚する和也。打ち合わせはこれからもある。続いていく。

しかし、水原がドアを開けると瑠夏が立っていた。何故、どうして、とお互い聞く余裕すらない。

次回は波乱の予感しかないこの状況。以前似たような状況になった時には瑠夏は猛烈に批判していた。

そして最後には泣いていた。和也は泣かれてしまっては何も言えない。

どうなるか。



3 彼女、お借りします110話 展開予想

彼女お借りします110話の展開予想。

突然の瑠夏の訪問。夜にアポ無しで来たということは、きっと会いたくてしょうがなかったのだろう。

衝動的かつ感情的の行動。そんな状態では冷静な判断なんてできないと思われる。

休戦とは言った。水原の境遇にも共感できる部分はある(祖母関係)。

だがそれとこれとは話は別だと思うのが自然な反応である。

そして瑠夏は更に思考を加速させるだろう。今日一回きりではないと。恋愛における女性の勘の鋭さは異常である。もはや本能。

言い訳できない証拠材料も残されている。オムライスを食べた皿である。ダメだ、おしまいだ。

もはや言い逃れできない。キスの件が尾を引いている以上、今の和也が突っぱねられると思えない。水原もレンカノの仕事を辞めさせられるわけにはいかない。

もう二人は正直に真相を話すのではないだろうか。

彼女、お借りします」の最新話が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読む


彼女、お借りします【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、週刊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

4 彼女お借りします110話 ラインが主体

仮に話を聞く状態になっているのなら話を聞く可能性はないだろうか。

上述した通り共感できる部分は多分にある。

真摯に向き合えばあるいは瑠夏も大人しくなるかもしれない。彼女が、今までのように感情的になって喚いているだけでは何も変わらないと自覚しているのであれば。

まぁそれでも、今後水原は和也の家を出入りできなくなるのは確実。また元通りになると思われる。

ベランダも駄目。家の中も駄目。となるなら手段は一つしかなくなる。

解禁したてのライン連絡。通話もできる。今後はきっとラインが主になってくるだろう。

しかし瑠夏は水原と和也が連絡先交換していることも知っているのか。

つまり、どの道を辿っても瑠夏次第という事になるか。

是非ともこれ以上、物語を混乱させることはしないでほしいところである。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です