【るろうに剣心北海道編19話ネタバレ】凍座が望む猛者は地獄から生まれる!?栄次が鬼に!? - 二次元感想レビュー録

【るろうに剣心北海道編19話ネタバレ】凍座が望む猛者は地獄から生まれる!?栄次が鬼に!?

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編19話◇

――19話まとめ――

剣心と凍座の手合わせは今話は一時中断。

永倉が行う尋問とは、穏便に事を済ませようとするものだった。

富国強兵政策を剣客兵器に一任する。それをもって、猛者を作る。

しかし凍座は即座に却下する。それでは駄目だと。猛者は生まれないと。

猛者になるには地獄が必要。地獄並の辛い経験をしてこそ富国強兵が成るのだと。

その証拠として現れたのは栄次。志々雄一派に親を殺された経験は地獄に値し、一瞬で猛者を作るに至った。

闘姿は鬼。小鬼から育った憎しみの矛先は仇である瀬田宗次郎に向けられて……。

説得力ある凍座の富国強兵に対する思い。

確かに手っ取り早く、確実に猛者を作れます。

栄次の選択は、宗次郎を撃つことになるのでしょうか。

 

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

1 るろ剣北海道編19話 永倉の尋問

 

近藤勇、辻方副長、高杉晋作、西郷隆盛。

永倉はこれらの人物を一騎当千の猛者として例を上げます。

一人で千人倒し切る猛者ではなく、一人で味方千人が士気を上げる猛者。

剣客兵器の目的はこういった猛者を作ることなのだと、永倉は分かりやすく解説します。

それを踏まえた上で、凍座に問います。

政府の富国強兵政策に相反していないのではないか。ならば、剣客兵器はこれ以上実検をする必要はないのではないか。

加担を条件に停戦の提案をする永倉。不問にすることはできなくても減罰することはできて、お互いに目的は合致していると指摘します。

その提案に隊長である斎藤は了承。剣心も渋々了承。全ては停戦のため。無益な闘争を止められるのであれば仕方なしといった態度で、凍座の反応を待ちます。

力とは絶対的なものであり、負ければ敗国として虐げられる。結果の重さを斎藤も剣心も熟知しているようです。

剣客兵器としての凍座は一考の余地があるのか、肯定のような言葉を言います。剣客兵器の長、将君も賛成する可能性はあるかもしれないと。

しかし、凍座個人は即行で却下を申し出ました。どうやら自分の意見は違うようです。

2 るろ剣北海道編19話 猛者は地獄から生まれる

 

猛者は地獄から生まれる。それは普通に鍛えて得られるものではない、というような事を凍座は言います。

地獄とは、人生に関わる程の鮮烈な体験。

地獄を経験しているからこそ剣心達は強くなったのだというのが凍座の思いです。

それを凍座は羨んでいる。自分も地獄が欲しかったと、夢に馳せるように切なげな表情で語ります。

弱者であった経験が長すぎたからこそ言えるセリフなのでしょう。剣心達に言い返せる者はいませんでした。

3 るろ剣北海道編19話 栄次が鬼に!

 

だが地獄なら一瞬。凍座の経験談を証明するかのように栄次が現れます。

柵を壊し、戦いに割って入る剣幕を見せる栄次。まさに憎悪を抱いた鬼の表情です。

凍座が視る闘姿でも、子鬼から角を生やした鬼に変貌していました。

標的はもちろん十本刀。家族を殺して吊るした憎き怨敵。

銃口は瀬田宗次郎へ。そして引き金を引いてしまい、銃声が轟きます。

凍座の思う通りの展開に事態が運びつつあります。

過去に剣心、先刻に永倉が言った言葉を無視して復讐するのか。

未熟な正義は悪を背負うことになると誰もが知っています。

止めるのは、止められるのは誰なのでしょう。

終わり。

 

『るろうに剣心北海道編』の最新話や新刊を無料で読む

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

『るろうに剣心北海道編』が掲載されている月刊ジャンプスクエアが無料で読める方法があります。

U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでに他のアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

U-NEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です