【最新話感想】るろうに剣心北海道編(21話):今までのおさらいと準備!左之助が気合を入れる! | こぶたを糧にしてくれ

【最新話感想】るろうに剣心北海道編(21話):今までのおさらいと準備!左之助が気合を入れる!

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(21話) より引用◇

るろうに剣心北海道編21話は今までのおさらいのように、

弥彦達に近況報告をしている。

結局弥彦は、剣心が呼ぶまで待機することを決め、しばらく戦闘には参加しない。

肝心の剣心は、動けないというほどではないが疲労は鉛のように蓄積され連戦は無理。

だが、左之助がいよいよ戦闘に参加するみたいである。第三の実検戦闘で一番気合が入っているのは彼。

尚、今回の実検戦闘では十本刀は函館に待機することになっている。

剣心、左之助、斎藤、永倉、栄次の五人で挑む事になった。

1 るろうに剣心北海道編21話 弥彦への手紙

場所は神谷道場。「門下五剣」という称号と、総当たり戦などをしている程に、門下生で賑わっている。

ちなみに道場四天王は一人も入っていない。女性三人が上位層にいる剣道道場なんて聞いたことがない。

燕は、剣心達が北海道へ出発した後から神谷家に住んでいる。

由太郎は燕に自分の邸宅に来るよう誘うものの、弥彦が横から割って入る。

剣心からの手紙を持って来たのだ。

弥彦への連絡は今後、塚山商会の船便が間に入るとのことでより早く情報が届けられることになる。

そして、北海道の現状を知る弥彦だったが、それでも神谷道場に残ることを選択。

理由は剣心が呼ばなかったから。文面から察したのだろう。

気合を入れ直し、再び総当たり戦を由太郎に提案する弥彦。

2 るろうに剣心北海道編21話 斎藤と永倉の作戦会議

人員も資金も北海道へは渡せない。明治政府からの一報。

予想通りと言わんばかりの態度で話を流す斎藤。世知辛いと愚痴をこぼす永倉。

作戦会議。斎藤の見立てでは北海道のどこかに隠れ里があると推測している。

実検戦闘の規模の大きさから、かなりの人数と年数がかかっていると考えている。

当面は実検戦闘を阻止し、軍と警察には隠れ里の捜索に回ってもらい、

見つけ次第総攻撃をかけ叩き潰すつもりでいる様子。

3 るろうに剣心21話 剣心の容態と左之助の気合

凍座との一戦以降、剣心は寝たきりの状態であった。

九頭龍閃36発はさすがに堪えたようである。

状態をみた薫の推測では、容態は芳しくなく、疲労が蓄積されており、鉛のような重さを剣心は感じているとのこと。

剣心は無事に目覚め、日常動作に支障はないが、連戦は無理と薫と左之助は判断。

それでも頑張ろうと意気込んでいる薫を見習い、左之助は気合を入れる。

大将格は自分が引き受けると豪語する。五年の世界放浪の成果を見せるのだと。





4 るろうに剣心21話 第三の実検戦闘の編成

左之助は目覚めた剣心に、第三の実検戦闘の編成を伝える。

斎藤・永倉・栄次は札幌。剣心と左之助は小樽。十本刀は函館に待機。

注目がいくのは十本刀だが、元志々雄一派という立場上、目の届かない場所には行かせられないらしい。

明日郎、阿爛、旭は当然の如く戦力外。彼らも興味を示していない。

すぐにでも現場へ向かおうとする剣心に、薫は田本写真館で写真を撮って、お守り代わりに一枚渡す。

始まろうとしてい実検戦闘。剣客兵器の二元作戦が始まろうとしている。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です