【展開予想】るろうに剣心北海道編(21話):第三の実検戦闘間近!剣心は戦闘不可か!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】るろうに剣心北海道編(21話):第三の実検戦闘間近!剣心は戦闘不可か!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(21話) より引用◇

凍座の尋問は終了した。

剣心の勝利であったものの、体の負担は絶大である。

そして、第三の実検戦闘の場所も明かされた。

小樽と札幌。二つ同時に行われる二元作戦。

二元、互いに干渉はしないということは複合部隊ではなく、

部隊将の二人とその部下達で構成される可能性が高い。

対してこちらは誰で応戦するのか。

個人的な推測では十本刀だと思っている。

るろうに剣心北海道編21話の展開を予想する。

1 展開予想 剣心戦闘不可の可能性

九頭龍閃を四度放った剣心。

凍座は最後まで大して仰け反らなかったことから、かなりの反動が自身に返ってきたと思われる。

弥彦戦では全力の戦闘と九頭龍閃一回で、体に激痛が走っていた。

ならば今回の戦闘の負担は計りしれないものになっているのではないだろうか。

第三の実検戦闘は様子を見て後方待機になるかもしれない。

新田恵の到着を待つのではないか。

2 展開予想 部隊は二つに分ける

実検戦闘は二か所で行われることから、部隊を二つに分ける他ない。

斎藤と剣心は外すとして、明日郎・阿爛・旭も外されるだろう。剣心と薫に、遠回しに反対されているためである。

よって残りは永倉、左之助、宗次郎、安慈、帳、鎌足、蝙也、栄次の八人になる。

安直に考えて、四人ずつ分けるのが理想か。

そういえば、剣客兵器の部隊も下っ端を除けば四・五人。丁度いい按排である。

るろうに剣心北海道編の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


るろうに剣心北海道編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 メインは十本刀か

栄次の一件から見て、十本刀がメインになるかもしれない。

一緒に答えを探すと言った以上、宗次郎と栄次が同じ部隊に入れられると面白くなる。

しかし栄次に穏便な対応を望んでいる永倉がそれを許すかはかなり微妙。

仮に許したとしたら、仲裁役になることを申し出て一緒の部隊になる気がする。

蝙也は永倉が求める人材であるので、これも加えられるだろう。

宗次郎、栄次、永倉、蝙也。

左之助、安慈、帳、鎌足。

こんな感じの編成になると予想する。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です