【展開予想】鬼滅の刃(174話):時透は死亡確定!?最初で最後の好機!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】鬼滅の刃(174話):時透は死亡確定!?最初で最後の好機!【ネタバレ込】

 

 

 

 

鬼滅の刃173話の簡易あらすじ

時透の命を代価にした玄弥の銃弾は命中した。

これによって黒死牟は深刻なダメージを受けるはず、でもない気がする。

首が落ちなければ死なない、首が落ちてもすぐに死ぬわけでもないのが、上弦の鬼である。

銃弾でも鬼の首を落とすことは前に証明されてはいるものの、画像を見る限り首には当たっていない。おそらくは外したのだろう。

ならば追撃をかける必要がある。

迫っている悲鳴嶼と実弥の攻撃次第では敗北に直結するかもしれない。

何にせよ最後の好機であることは間違いない。

鬼滅の刃174話以降の展開を予想する。

1  展開予想174話 時透は死亡確定

黒死牟と同じくらい玄弥の銃弾をくらっている時透。残念ながら高い確率で死亡すると思われる。

人間の急所の一つ、頭部に命中しているのだ。

運良く頭蓋骨で銃弾が逸れたしても、他の理由で死亡してしまう。

出血死。片腕のみならず、今度は片足や体全体から血が出ている。

好機の対価は大きい。

銃弾の当たり判定

ところで玄弥の銃弾の性質は鬼と日輪どっちなのだろう。

血鬼術に分類されるのか、日輪刀の効果を有しているのか。

あるいは両方の性質を持っているのかもしれない。

似たような例がある。炭治郎と禰豆子の「爆血刀」である。禰豆子の血鬼術を炭治郎の日輪刀に纏わせた炎の刀。

その技は上弦の鬼でさえ再生不可となっていた。

もし爆血刀と同じ性質を持っているのなら、大ダメージが見込めるはずである。

「鬼滅の刃」最新巻を無料で読む


鬼滅の刃【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 展開予想174話 最初で最後の好機

黒死牟の動きが鈍っている最初で最後の好機。悲鳴嶼と実弥はトドメをさせるだろうか。

戦力は全投入されているため、さすがにもう後がない。

塵旋風・削ぎでも、岩の呼吸でも間に合うかは五分五分

更に懸念もある。果たして黒死牟は首を落とせば倒せるのか。

猗窩座戦を思い出す。参の猗窩座でも首を落としただけでは死ななかった。黒死牟にそれが出来ないと決めつけることはできない。

メタ的な理由も挙げるなら、まだ黒死牟の過去も明かされていない。倒される鬼はみんな死ぬ直前に走馬灯のような過去を思い出している。

それがないとするなら、まだまだ続くのかもしれない。

何度も言うが人間側は既に手を出し尽くしている。差し出せるものはもう命ぐらいしか残っていない。

透き通る世界で一体どれほどの差が埋められるのか。

悲鳴嶼、実弥、玄弥で戦法を再考する必要があるように思える。

次回の174話は三人のより強い覚悟が試されるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です