【最新話感想】君は春に目を醒ます(25話):千遥に告白の直前に弥太郎が告白! | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】君は春に目を醒ます(25話):千遥に告白の直前に弥太郎が告白!

 

 

 

 

 

◇縞あさと先生:君は春に目を醒ます(25話) より引用◇

今話でついに弥太郎が告白する!

絃が千遥に告白しようとした日に合わせつつ、先んじての行動である。

気力を振り絞らなければいけない時に、別の問題に思考を割かねばならなくなった。動揺は計り知れないだろう。

弥太郎も弥太郎で、付き合ってしまう前に言わなければ後悔すると思っての事なのだろう。

二択を迫られた絃は明確な意思をもって行動に移せるのか。

1  君は春に目を醒ます25話 絃と弥太郎の気持ち

杏の件で目が赤くなっている絃は、千遥の背に隠れている。

考えている事は「好き」の一つだけ。決意した分余計に意識してしまっている。

今の関係を壊すのは怖いが、良い結果を想像しただけでわくわくしている。前を向いた結果、若干ポジティブになっている絃。

一方告白を決意したことを絃に聞かされた弥太郎は、複雑な気持ちでいる。

偶然団子が喉に詰まりかけてむせたおかげで返答は免れたものの、一体どんな顔で答えればよかったのかと切なさがこみ上げている。

応援したくない。けど絃の信頼を裏切りたくない。でも。

友達として見てほしくないという気持ちが一杯になっている弥太郎。

2 君は春に目を醒ます25話 決定的に通じ合わない

正月が明け新学期。弥太郎は絃と顔を合わせる度に、告白の事を考えてしまう。

決意したのは千遥と仲良くなったからと、薄ぼんやり考えている。

好意の種類を間違われないように、と聞いて更に気分が落ちる。

何もかも通じ合わない。弥太郎は言葉の節々を聞いて適当に返している。

自分の目の前で、千遥に告白の時間を取り付けようとする絃を見ていられないのだった。

3 君は春に目を醒ます25話 絃は約束を取り付ける

いざ告白をしようと思っても中々タイミングが合わない。

弓道部の部活で忙しいのが主な原因である。しかしこれでは毎日気張ってしまって決意が鈍ってしまう。

焦って告白しても意味はないと自覚しているが、それでも落ち着かない絃に千遥は声をかける。

表情が堅いことを察したのだ。この時点で何がしたいのかも気づいているかもしれない。

きっかけが出来た絃は約束を取り付けることに成功する。

部活の終わりに告白。いよいよその時が近づいている。



「君は春に目を醒ます」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


君は春に目を醒ます【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

※電子版LaLaの発売は、雑誌版の発売日から翌月の5日に更新となります。これはどの書籍サイトでも一緒です。ご注意ください。
最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

4 君は春に目を醒ます25話 弥太郎、告白する

放課後。緊張で挙動不審になっている絃に、弥太郎は不意打ちで告白する。

顔を見たら落ち着いた。心配かけない。「友達として」弥太郎に全服の信頼を置いている絃の隙を狙ってのことであった。

告白する前から絃は目が点になる。弥太郎は一度俯いてから、目を見て言ったのだった。

好きだよ、絃。

友達と思っていた男の子に告白されてしまった絃は何を思うのだろうか。

怒りか悲しみか後悔か、それとも千遥のように罪の意識に苛まれるのか。

告白の時間が迫っている。すぐに返事をして気持ちを切り替えないと、できるのものもできなくなってしまう可能性がある。

次回に期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です