眠りの質を上げる安眠枕は手作りで出来る!その方法と感想を紹介! - こぶたを糧にしてくれ

眠りの質を上げる安眠枕は手作りで出来る!その方法と感想を紹介!

こんにちは。こぶた・エルボです。

睡眠って大事ですよね。日中のコンディションを保つためには欠かせない要素です。

健康、美容、整体にも関わってきて人生において切っても切れないと言えるでしょう。

代弁者こぶた

とにかく睡眠の質を上げたい

今回はそんな方に向けて紹介します。

睡眠に重要なのは枕です。病院で薦められたものやオーダーメイドの枕は数万円もして高価です。

枕は自分で作ることができます。しかも一万円以下に抑えられるのでお得です。

それでは、安眠できる枕の作り方と使用してみた感想を解説していきます。

1 パイプ枕では硬く、羽毛枕では柔らかい

 

幼少の頃からずっとパイプ枕でした。ストローの先端を切って詰めたような枕です。

通気性が良く、吸湿も抜群で洗濯に最も適しています。何より安い。

しかし、沈み込み具合はなく、元に戻らない柔軟性の低い硬い枕でした。

眠れない日々を過ごしたと記憶しています。暗い部屋で漫画を読んでいたところを両親に怒られたりもしました。

次に、羽毛枕も試してみました。ホテルで使われるような枕ですね。大人になって自分のお金を好きに使えるようになってからの頃です。

確かに良く沈み、すぐに元に戻る。パイプ枕とは真逆の性質を持った枕です。

ですが今度は柔らか過ぎて眠れません。「どこまで沈むんだ?」と思ったくらいのめり込み具合がありました。

寝返りがうてない。打とうものなら息ができない。挙句、より首が前に曲げられて喉仏の箇所が皮が擦れ、ニキビができる始末。

どれも僕には合わなかったのです。肩や腰が常にだるい感じです。

「いっそのことオーダーメイドの枕を購入するのも良い」と考えましたが、値段は三万円で専門店に行く必要がある。距離は電車で片道一時間とかなり遠い。ハードルが高すぎてちょっと躊躇いがありました。

そうして、どうしたものかと思っていた矢先、手作り枕に辿り着きました。

2 枕が合わないとどうなる?


枕が合わないと体に負荷がかかります。主に体の血流が悪くなり様々な症状を起こします。

上記の本「合わない枕は病気を作る」にも書いてありますが、

肩こり、頭痛、いびき、首筋の痛み、手のしびれ、めまい、腰痛、不眠、イライラ、顔のむくみ、猫背。

そういった気分を落とす不快な要素が大量に発生します。

だからこそいち早く、合う枕に変える必要があるのです。

3 手作り枕の作り方

  • 140×190サイズのタオルケット2~4枚
  • 60×90サイズの玄関マット1枚

以上の二つが手作り枕に作るのに必要なものです。

 

タオルケット。代えの分も含めて2~4枚は持っていた方がいいでしょう。
本来は1枚を2セット、計2枚でも構わないのですが、厚みの薄いタオルケットになる場合も想定されるため、2枚で2セットを準備していた方が確実です。

玄関マット。これは一番下に敷く物なので、1枚で大丈夫です。選択しても大抵すぐに乾くものが多いですしね。

注意して欲しいのはサイズです。これだけは間違えない下さい。

何故かと言うと、サイズが小さいと枕の幅が狭くなり、寝返りを打った時に頭がはみ出てしまうからです。

僕の住んでいる街では140×190のタオルケットは売っていなかったので、ネットで注文しました。

 

今治タオルケット シングル 145×190cm 日本製 無地

玄関マット ベージュ ギャベ柄 60 × 90 cm

 

ぶっちゃけサイズさえ合えば何とかなるので、ちゃちゃっと揃えちゃいましょう。

 

3.1 作り方

  • 玄関マットを敷く
  • タオルケットを上に乗せる
  • 薄ければタオルケットを更に乗せる

以上が手作り枕の作り方になります。

玄関マットを敷いて、

タオルケットを折る。やり方はこの動画を見た方が分かりやすいです。

 

玄関マットの上に乗せて、完成。

 

薄いと感じるなら、二枚重ね。一枚目と同じ折り方で、折ります。

 

完成。お疲れ様でした。

作り方の説明でした。簡単ですよね。

4 値段は半分以下

 

まくらる‐オーダーメイド枕の選び方

 

上記のサイトを参考にしました。オーダーメイド枕の値段は平均で3万といったところでしょうか。

手作り枕はタオルケット一枚がどれほど高く見積もっても4000円。それと玄関マット2000円弱。

3.4枚で15000円くらいでしょうか。値段は半分以下で抑えられますね。

「合うかどうかは試してみるまで分からない」というリスクはどちらも一緒。

これをどう判断するかはお任せします。

 

今治タオルケット シングル 145×190cm 日本製 無地

玄関マット ベージュ ギャベ柄 60 × 90 cm

5 感想:劇的に変わる

まぁよく眠れること。劇的に変わりました。

既存の枕は寝首の高さがあり過ぎたと実感させられた瞬間でした。

ほどよく硬く、少し柔軟性がある。これくらいが丁度いいのでしょうね。

実際オーダーメイドの枕は、画像を見る限りどれも高さがないように見えます。

タオルケットなのですぐに洗濯できていい感じです。

6 終わりに:とりあえず試してみよう

 

手作り安眠枕の作り方と感想を紹介してきました。

ただの工夫なので、完璧に合うかどうかはわかりません。

オーダーメイドの枕の値段の半分以下とはいえ、15000円。少々買うのに躊躇いを覚えますよね。

それでも僕は寝つきが良くなったので、これからも続けていきます。

家にあるタオルケットでも充分効果は得られるはずなので、一度試してみてはどうでしょうか。

終わり。

今治タオルケット シングル 145×190cm 日本製 無地

玄関マット ベージュ ギャベ柄 60 × 90 cm

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です