【最新話感想】もののがたり(61話):黒檀より格上の付喪神4体!?八衢戦の後日談!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】もののがたり(61話):黒檀より格上の付喪神4体!?八衢戦の後日談!【ネタバレ込】

 

 

 

 

八衢戦の後日談。兵馬は激戦の負傷でまだ目覚めていない。

黒檀と同化した付喪神は名無しであり、唐傘側では大した強さではないことが判明する。

塞眼側に裏切り者がいた以上、情報は筒抜けであり今までより困難な戦いを強いられる事となった。

そんな状況の中でも立ち直り希望を見出している白百合と菫。自らの心が塞眼御三家の役割とズレていると自覚しても尚、自分の正しさを貫き通す覚悟が見える。

強力な敵である付喪神四体はまだ表だっての行動を起こしていないが、これから本格的に動き出すだろう。

更なる戦いの幕が上がろうとしている。

1 白百合は目覚める

八衢戦から二日後。辻白百合は目覚める。
天認琴の二回使用での疲労が理由。しかし戦闘にも参加していないとあって「体力がない」と心の中で自嘲する。

その場にいたぼたんが医者に知らせようとしたところで、白百合は今から菫に会う事を伝える。そして門守代表と一緒に菫のいる留置場に赴く。

道中に門守代表は八衢家の処遇を話す。白百合の携帯にも辻家からの報告があったが、情報の誤りがないかのすり合わせのためであろう。

今回の一件は黒檀と八衢傘下の幹部の人間で行った事である。その者達以外には処罰はないとのこと。

塞眼資格の剥奪と八衢家の権力を今後使用できなくなるのが主な処罰。

もちろん菫は関わりがなかったため、処罰の対象にはならない。門守代表は自罰的な彼女の気持ちを汲んで留置場に入れたのだ。

今後は菫が八衢家の当主となり、辻家のバックアップを受け体制を変えていく模様である。

2 家の役割とは異なった価値観を持つ二人

白百合の願いで菫を一時的に留置場から出し、屋上で話をする。

菫は八衢が起こした今回の一件に責任を感じている。彼女に罪などないというのにそれでも背負ってしまっている。門守代表の推測通りである。

自分は塞眼失格だと自虐する菫に対し、白百合は「ならば自分も辻家の人間として失格」だと言う。

辻家の人間は公平でなければならない。公平にできるように広い視点から物事を見て、自分を殺し続けなければならない。
滅私の宿命。それが白百合の人生であった。

だが大切な人のために自分の省みない兵馬とぼたんを見て、感銘を受ける。
二人の力になりたいと思った彼女が、今回辻家らしからぬ行動に出たのは実のところそこにあった。

御三家を崩壊させてまで自らの正義に殉じた八衢。公平を至上とする辻家。
そして家の指針とは異なる価値観を持った白百合と菫。
しかしその二人の行動によって 、御三家が救われたという事実は皮肉という他ないだろう。

著者:オニグンソウ

※本記事にて掲載されている画像は「『もののがたり』・ウルトラジャンプ・2019年10月号」より引用しております。

3 菫は前を向く

菫の行いが兵馬達を救った。塞眼として正しい行いだったと言う白百合。
たとえ黒檀には別の思惑があったとしても「ぼたんの護衛」は続いている。
塞眼として失格ではなかったと励ます。

菫は立ち直る。普段の彼女通りに毅然とする。

兵馬と長月家の謝罪。そして、任務の継続が許されるなら全身全霊で取り組むと大声で宣言する菫。

今は前を向く事でしか贖罪はできない。



もののがたりの最新話が掲載されているウルトジャンプを無料で読む


もののがたり【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでウルトラジャンプ10月号を購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

4 黒檀より上の付喪神四体

八衢戦終了直後のことを白百合は思い出す。

頭部のみになった黒檀から出る言葉は付喪神のもの。
黒檀の野心と我欲には期待していた。その道は楽しめた。ここで滅されるのも悪くない。

付喪神はそう言った後、忠告する。
名前を付けられなかった自分を基準と思うなら、彼ら四体を止めることはできないと。

自分を含め今までの付喪神とは格の違う、強力な存在だと言いたいのだろう。

その通りであるならば岐造兵率いる討伐隊は、危機的状況にあると言っていい。

対して塞眼側は八衢の取り調べが始まったばかりで、敵の情報は何も掴んでいない。

ぼたん護衛任務はより困難になったということである。

白百合は笑う。それでも守り通して見せましょうと。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です