【娘の友達16話ネタバレ】どっちに見えても君が好き! - 二次元感想レビュー録

【娘の友達16話ネタバレ】どっちに見えても君が好き!

 

 

本記事は娘の友達16話のネタバレを含んだ感想・考察になります。単行本2巻に掲載されている内容の一部です。

 

今回は境界ギリギリの駆け引きが繰り広げられます。

場所をホテルに移したことからも、本当に最後の選択です。

以下では16話の展開を考察しています。

1  娘の友達16話 ホテル到着からの、古都の誘惑

 

ホテル到着。ホテルの到着です! 晃介は拒絶出来なかったようです。

移動中の出来事がなかったあたり、ただ流されるままに来たのでしょうね。

「何でもする」と言った手前、断れなかったのか。純粋に欲が出たのか。どちらは分かり兼ねますが、もう言葉では説明できない何かがあることだけは分かります。

ホテルに来たということは、もちろんアレなわけで。部屋の雰囲気は嫌でも色気づいて見えます。

最初に行動を起こしたのは、当然のごとく古都でした。

じっとベットに座ったままでいる晃介にジリジリと近づき、体に触れていきます。

その動作はぎこちないです。稚拙と言ってもいいくらい。性知識は無知であることが伝わってきます。

接触具合に応じて晃介も段々と拒絶を強めていきます。なら何故ホテルまで来たのかと一言言いたいですが、前回の逃亡の時とは違い、古都はそれを指摘しません。

そうして互いが向き合う体勢になった時。古都は晃介が絆創膏をしていないことに気づきます。

謝る晃介に対し、ついに古都は服を脱ぎだします。

拗ねているようにも見えます。ショックを受けているようにも見えます。

古都にとって絆創膏は、晃介へのプレゼントのように感じていたのかもしれません。

2 娘の友達16話 どっちに見えますか?

 

制止しようとする晃介を無視し、脱衣を止めない古都。

いよいよ下着姿が顕になり、晃介は力づくで止めます。

ここで古都の本音が聞けます。

どうやら優等生でいることに疲れ切っているようで、似たような境遇の晃介に分かって貰いたい模様です。

一種の自棄。何でも良いからストレスから解放されたいと思いが、現在の状況に至ってしまった原因と推測されます。

3 娘の友達16話 好きだ! は失策

 

晃介には古都が助けを求めているように見えています。体の震えからそれを察したようなのです。

すっぽんぽんになっている古都を抱きしめ、「好きだ!」と力一杯に伝えます。

次回の話になりますが、結局のところ行為には至りません。

それから逆算するに、孤独ではないことを知って欲しかったと言ったところでしょうか。

よく耐えたと言いたいところですが、及んだ及ばないの話ではなく古都を認めてしまった事が問題で、それが後々の悲劇に繋がっています。

やはり、ホテルには行かないでおくべきだったと今となっては思わざるを得ません。

終わり。

 

 

『娘の友達』の最新巻を100円の「安価」で読む

◆新規登録で1ヶ月無料! 動画見放題! 漫画雑誌も対象 ◆

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

『娘の友達』の最新巻が、100円以下の「安価」で読める方法があります。

U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでに他のアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

U-NEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。