【娘の友達20話ネタバレ】新社員本間は晃介に好意的!?ドキドキは興奮から緊張に打って変わる! - 二次元感想レビュー録

【娘の友達20話ネタバレ】新社員本間は晃介に好意的!?ドキドキは興奮から緊張に打って変わる!

 

本記事は娘の友達20話のネタバレを含んだ感想・考察になります。単行本3巻に収録されている内容の一部です。

 

今回で古都のお宅訪問を晃介は知ってしまいました。

これで現状の浮遊感は引き締まり、不穏な空気を自覚したでしょう。時既に遅しと思わなくもないですが。

そして、女性新社員本間も何やら晃介に好意的な様子。これから深く絡んでくる彼女と初めての邂逅を迎えます。

緊迫感はまだ控えめですが、少しずつヒートを上げていく感じになり、火種の材料は順当に揃ってきています。

外堀から埋まっていってますね。

1 娘の友達20話 反応する晃介

 

晃介は古都の「ドキドキ」という言葉に反応し、つい古都の体を見てしまいます。性的な気分になる度に自己嫌悪していた最初とはえらい違いです。

18歳になれば自分のものになるのか~、とか考えているのかもしれません。呑気なものです。危険は間近に迫っているというのに。

けれど、まだ必要以上のスキンシップを拒んでいるあたり、一応大人としての面子は保っていると言えますね。

どっちつかずのこの現状。恋人ごっこに浸っているという感じで、現実を直視しておらず非常にもやもやします。

2 娘の友達20話 モテそうだと本間は褒める

 

晃介の会社に女性社員が入社してきます。名前は本間。

課長に昇進した晃介にとって最初の部下にあたり、慣れるまでは一緒に仕事をします。

しっかりしているかと思いきや好奇心旺盛でもあるようで、入社初日にも関わらず晃介と色恋の話になります。

本間は晃介の事を「モテそう」だと言い、かなり好意的な態度をとっています。

どうやら初対面の人から見れば、できる上司に見えるようです。

今は抱え込んでいるものもなく、少し余裕が出てきているので確かにそう見えるのかもしれませんね。

3 娘の友達20話 ドキドキしましょうね

 

晃介の帰宅途中に古都と連絡を取り合っています。

次々に服の写真を送ってくる古都。晃介は今電車の中で誰に見られるかも分からないので注意しますが、それでもきちんと自分の好みは伝えます。満更でもないといったところでしょう。

ここでいよいよ、水面下で起きていた問題に晃介は気づきます。

日曜日。市川家に、晃介の家に遊びに行く、と。

娘の美也ですら躊躇っていた事を、古都は何気なく言ってしまいます。彼女にとっては楽しみ以外の何物ではないのでしょう。

ドキドキしましょうね、が何よりの証拠。危機感は皆無です。

美也が絡んでいる以上断ることはできず、何とかやり過ごさなければいけません。晃介の心労が想像できます。

ピンチの後にピンチあり。一息置いてやってきた災難に晃介はどう立ち向かうのでしょうか。

あるいは、もしかすればこれが自白する最後のチャンスになるのかも。

晃介の選択は如何に!?

終わり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です