【娘の友達32話ネタバレ】晃介、完全に逆戻り!あえぐくらい息苦しくなる! - 二次元感想レビュー録

【娘の友達32話ネタバレ】晃介、完全に逆戻り!あえぐくらい息苦しくなる!

 

度重なるストレスにより、晃介は完全に1話の状態へと逆戻りしてしまいました。

美也とは完全に決裂、仕事も忙しく、周囲から圧力をかけられています。課長になった分、その負担は増したのかもしれません。

あえぐくらいに息苦しくなる日常が返ってきています。自業自得と言えば自業自得ですが、見ていて痛ましいです。

救いはなく、誰にも相談できない。だからこそ求めるのはやはり古都になり、楽な方へ楽な方へ逃げていこうとする晃介。

自分の中で明確な選択が出来ないまま、現像した写真を開封します。

1 娘の友達32話 人事部呼び出し

 

美也を捜していたために大遅刻した仕事でしたが、運良く問題にならずにすみました。

日頃の行いはちゃんと評価されているということでもあります。けれど社内の信用は失ってしまい、人事部に呼び出しをくらいます。

仕事に身が入らないのは娘を気にしているから。なんて言えるわけもなく、ただ謝ることしかできない晃介。

空いた扉から見えるのは、吉田と中村の仲睦まじい姿。序盤で不倫を告白した男性と同僚の女性ですね。今でも不倫を続けているようです。

俺はお前みたいに馬鹿じゃないんだよ。その言葉が身に染みます。もはやそうやって馬鹿にすることもできません。

不倫はお互い様。馬鹿はお互い様。もっと欲に素直になっていれば、二人のように一時でも長く笑い合えたのかもしれません。

2 娘の友達32話 古都の幻覚

 

美也は晃介にメッセージとして連絡を入れました。でもしばらくは戻りません。

孤独。再び何をしても満たされない日々に戻ります。

古都との関係が公になったらどうしよう。美也のことが心配。仕事も忙しくてつらい。

不安は次から次に溢れてきて、晃介は深海で息を止めているような錯覚に陥ります。もちろんその後、自分が溺れている想像までセットです。

錯覚の後には幻覚が見えてきます。古都が労いの言葉をかけてくれる幻覚を見てしまいます。

そして自己嫌悪。悪循環でしかありません。ここまで酷いと既に一人ではどうにもならないでしょう。

晃介の母親の言う通り実家に帰るのが正解だったのでしょうか。

3 娘の友達32話 完全に逆戻り

 

幻覚を見るくらいですから、古都を求めているわけです。それは行動にも現れます。

使い捨てカメラ。仲違いした時に忘れていった形見。捨てようとしても捨てられなかったもの。

きっかけは写真屋の催促の電話でしたが、ふと回収に行ってしまいます。

自分で戒めた事を破るくらい辛いわけですね。体が言うことをきかない状態にあるということです。

完全に逆戻り。古都の誘いを断れない時と全く同じです。

もし、もしもこの先彼女に会う機会が訪れるとすれば、それは大惨事になる可能性も否定できません。今まで我慢してきたものが、溢れて出てきてしまうでしょうから。

お先真っ暗。戻るも進むも地獄。ならもう行くところまで行ったれと思ってしまいます。

何にせよ晃介には自分で自分の未来を選び取って欲しいものです。

終わり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です