【娘の友達38話ネタバレ】晃介と古都の夜デート!束の間の一時! - 二次元感想レビュー録

【娘の友達38話ネタバレ】晃介と古都の夜デート!束の間の一時!

 

◇萩原あさ美先生:娘の友達38話◇

 

 

※4月16日は休載です。

 

※4月23日は休載です。

 

如月母の暗躍がある中、晃介と古都は夜デート。

迂闊すぎて言葉も出ませんが、本人達は全く知らないので仕方がないですね。

靴はどうやって調達したのかも気になります。前回外出禁止をくらったばかりなのに。

美也のことも二の次にしており、盲目的な行動が目立つ二人です。

本間との出張中に何か問題が起きるような気がしてなりません。

前→37話

次→39話

主人公晃介は場当たり的な行動しかしない!?

本間と関係の復縁はある!?

娘の友達38話 晃介は本間は出張前の挨拶に赴く

 

旅館の現地視察の出張前に、建築担当の男性に挨拶をする晃介と本間。

どちらも仕事の建前を崩さず、スマートに話を展開していきます。

一泊する旅館の話も話題にあがり、楽しみだと答える晃介。

本間は新人なので置物のようにその場にいるだけでした。

今話では晃介と本間の間にわだかまりは感じられません。

といっても特別仲が良いわけでもなく、本当に上司と部下といった線引きです。

以下でも以上でもない。この関係がずっと続けば良いのですが……。

 

娘の友達38話 偶然からの夜デート

 

仕事の帰りに偶然にも古都と鉢合わせします。

連絡を取り合っての合流ですが、しかし出来すぎる展開です。

古都は一人で水族館に行っていたとの事。夜に一人で水族館とは怪しすぎます。

二人はバッティングセンターに向かいます。

今のところ誰も後をつけてくる人はいないようですね。

 

娘の友達38話 美也よりも晃介

 

バッティングセンターでの成績は良くないものの、晃介と古都は楽しそうです。

そして、話題は美也の話に。

家出のこと。その後に帰ってきたこと。

27話の事もあり罰が悪いのか、晃介は途中で話を中断します。

美也の心配をしつつ、それでも晃介の方の心配をする古都。

今までの事を振り返ると、本当に美也を心配をしているのか定かではありませんが、そう言っているならそうなのでしょう。

晃介は古都の優先順位に否定も肯定もしませんでした。

 

娘の友達38話 古都は本間との関係が気になる

 

本間からの業務連絡が届きました。

隣に座っていた古都はついつい内容を見てしまいます。

喫茶店で一緒にいた事を覚えており、加えて若い女性であるためか、古都は本間との関係が気になっています。ですが本当に何でもないので晃介は否定します。

今回の夜デートは健全に終わったように見えます。普通のカップルのようであり、突飛な行動もせず、概ね会話も成立しています(この二人、会話らしい会話はしません)。

束の間の一時。古都が18歳になるまで、こういった関係を続けられればいいですが、問題は何も解決していないのが現状です。

美也、如月母。二人をどうやって言い含めるかが、今後の鍵となってくるでしょう。

次回も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です