【ネタバレ感想】娘の友達(23話):古都の誘惑に晃介はついに怒る! | 二次元感想レビュー録

【ネタバレ感想】娘の友達(23話):古都の誘惑に晃介はついに怒る!

 

 

 

 

 

◇萩原あさ美先生:娘の友達(23話より)◇

娘の友達23話簡易まとめ

大人の立場を考えず、すり寄ってくる古都に晃介は我慢できなくなりついには怒りを顕わにした。

バレれば不幸になる。その事を語り聞かせても彼女は無視したのだ。

だが古都の反応は普通ではなかった。

泣くどころか、悪びれもしない。

「迷惑」と、好きな人に面と向かって言われたら何かしら弱くなる態度を取るものであるはずなのに。

10分の時間は何事もなく過ぎていき、美也との休日を過ごす古都。その顔は笑顔だった。

1   娘の友達23話 わんわん

わんわんと言いながら犬の演技をして、古都は晃介の体を嗅ぐ。

部屋中から晃介の匂いがして上機嫌。抱きしめたり、クローゼットを開けて服を確認したりとやりたい放題。

一方晃介はいつ美也が戻ってくるかどうかで気が気ではなかった。

見つかって関係がバレれば、せっかく取り戻した娘との絆が再び壊れてしまうことを心配しているのだ。

家では駄目だよ。この10分、この秘密の時間を晃介は中断しようとする。

一瞬の間。黙り込む古都だったが、すぐさま話を再開する。

それは無視したという意味に他ならない。

止めろよ、と怒鳴る晃介。

2 娘の友達23話 

美也の件については感謝はしているけど、迷惑。晃介は今思っている気持ちを全部明かす。

他人に対して演じる自分を否定する。それを悪く言っているけど、大人にはそういう自分も必要。

つまり、人と接するには少なからず建前が必要で、本当の自分だけでいることはできないと言いたいのだろう。

美也の帰ってくる音がして、古都は晃介に戻るとだけ伝え部屋を出る。

謝ることはしなかった。

「娘の友達」最新刊を無料で読む


【娘の友達】最新刊が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 娘の友達23話 好きな人がいる

美也とのお菓子作りが再開される。

思ったより作りすぎてしまったと苦笑する美也に、クッキーの渡す男の子はいるのかと古都は美也に聞く。

タバコを吸っている不良男子、三崎の名前を引き合いに出され照れる美也は話をそらすように聞き返す。

気になっている人とかいたりしないの?

古都は穏やかな口調で「いるよ」と答える。

晃介であることは間違いないだろうが、フラれても全然堪えていないのは狂気を感じる。

諦めていない。しかも美也に告げてしまうあたり、やはり晃介の立場を考えていない。

真の意味で一方通行になってしまった古都の次のアプローチは如何に!

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です