【最新話感想】ノー・ガンズ・ライフ(59話):犯人はグウィネス!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】ノー・ガンズ・ライフ(59話):犯人はグウィネス!?【ネタバレ込】

 

 

 

◇カラスマタスク先生:ノー・ガンズ・ライフ(58話)より◇

今回の父親の死因を調査するという依頼は衝撃の結末を迎える。
前回出てきた保険調査員の女、グウィネスが黒幕だったのだ。

見えてくる事件の真相。ブランドンは自殺する事によって、娘のガーネットに大金を遺そうとするが、恐くてできなかったという。

死因はグウィネスの薬殺だが彼女は同情しただけで、願いを叶えてあげたと供述している。

しかし彼女も事故で死んでしまい、結果なし崩し的に依頼は終了。

保険会社はガーネットに保険金を出さない方針である。自白だけで証拠にはならないからだ。

だが示談金は下りた。会社お抱えの調査員が事件を起こしたのだから、と彼女の上司であるゴースト主査が手配させるそうである。

命二つで大金。何というマッチポンプ。これも貧乏だからいけないというのだろうか。

1 ノー・ガンズ・ライフ59話 黒士街の者達は従順

黒士街の技師のたまり場で喧嘩を始めた十三だったが、最初の一撃で呆気なく終わりを迎える。

強く希少性の高い拡張者は畏怖の対象であり、戦う気はなくなったようである。

店員のシュバルツ主水(もんど)を含む黒士街の技師たちは十三の事を知っていたのだ。

目的の人物、玄藩(げんぱ、以下ゲンパと呼称)は牢に入っているとシュバルツは言う。

モグリとは言え、黒士街の技師にも誇りがあり、患者を死に追いやったゲンパは掟に反しているのだと。

しかしプランドンの事故については、シュバルツは明かそうとしない。

ゲンパは既に牢から解放して、こちらに向かわせているとシュバルツは言うが、

同じ界隈の人間が報告にやってくる。

ゲンパは直前で逃げ出した。

2 ノー・ガンズ・ライフ59話 逃げるゲンパ

ゲンパはタクシーで逃げる。さすがに足では追いつかない。

そこへ車に乗った保険調査員グウィネスがやってきて十三を乗せる。上司のゴースト主査も同乗している。

プランドンの保険金が適用されるか否かはゲンパの自供にかかっている。そう見越して二人は彼を追っているらしい。

今の状況ではガーネットの環境が変わらないと断言するゴースト主査に、十三は真っ向から否定する。

既に大きく変わっているからこそ、事実を知らせ受け止めさせる、それには真相が必要なのだと。

十三の意見を小さな声で反論するグウィネス。

弱い者と強い者の意見の違いが出ている。

3 ノー・ガンズ・ライフ59話 犯人はグウィネス

車のガソリンがなくなり別行動。十三とゴースト主査は走って追いかける。

しかし辿り着くとグウィネスが先に着き、ゲンパを高台から落とそうとしていた。ガソリンがなくなったというのは嘘だったのだ。

発信機。十三はグウィネスの「事件」という決めつけた言葉に引っかかっていた。

グウィネスは本性を表し、幸不幸と強者弱者について持論を展開する。誰かの犠牲なしに幸せにはなれない。

その言葉でプランドンの死の真相を知っていると察した十三は彼女を問い詰める。

4 ノー・ガンズ・ライフ59話 プランドンの死の真相とグウィネスの過去

プランドンは事故を装い、保険金を遺そうとしていた。でも怖くて出来なかった。

だからグウィネスはコーヒーに遅行性の薬を混ぜ、彼を殺した。

望みはガーネットに保険が渡る事。しかし保険会社が出し渋る。

弱者が犠牲者として甘んじていることが許せなかったのだ。

グウィネスの父は戦争から帰って来た時、拡張者になっていた。それが理由で荒れ、暴力を振るっていた。

ある日、薬を買ってくるまで帰ってくるなと言われグウィネスはプランドンと同じ薬で殺した。

暴力を振るわれ続けた事で精神のタガが外れ、キレてしまったのだ。

私はただ、苦しむ彼を放っておけなかっただけ。グウィネスの最期に言った言葉はきっとそんな事だろう。

ノー・ガンズ・ライフの最新話が掲載されているウルトジャンプを無料で読む


ノー・ガンズ・ライフ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでウルトラジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

5 ノー・ガンズ・ライフ59話 後日談

グウィネスは崩れた足場によって、高所から水面に叩きつけられ死亡する。

数日後。概要がゴースト主査から語られる。

ゲンパを犯人に仕立てた他殺を企て、保険金を出させようと考えたようだ。

グウィネスなりのやり方で、自分に似た家庭環境の人を救おうとしていたというのが、ゴーストと十三の推測。

十三はゴーストの話を聞き去っていく。ガーネットに真相を伝えるために。

彼女に現実受け止めさせるために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です