鼻毛処理をすることのメリットと有効に活用する方法を紹介! - こぶたを糧にしてくれ

鼻毛処理をすることのメリットと有効に活用する方法を紹介!

こんにちは! 今日も今日とて鼻毛処理をしているこぶた・エルボです。

毎日ではないですが、3日に1回はじょりじょりしないと落ち着きません。

日々忙しい中でも何故かやってしまうんですよね。面倒なのに。別にお客様相手に仕事しているわけでもないのに。

代弁者こぶた

鼻毛処理ってめんどい。何かメリットあるの?

今回はそんな、ズボラな方に向けて鼻毛処理のメリットと有効活用する方法を紹介していきます。

きっと男性が大半でしょうね、こんなこと思うのは。女性は想像がつかない。

ちなみに鼻毛は抜くのではなく、鼻毛カッターで切りましょう。炎症になるから。

それでは本題に入っていきます。

1 鼻がムズムズしてくしゃみが止まらないから購入

正直に言うと、僕も大人になるまで鼻毛処理をしていませんでした。

当時は鼻毛カッターなんて便利なものがあると知らなかったからです。更に言うなら通販するためのクレジットカードも。

しかしある日、妙に息がしづらくなっていたのです。「息が荒い」という家族の指摘により、口呼吸が多いことに自力で気づきます。

軽い鼻閉状態。鼻水が溜まったり腫れたりして起きる、鼻腔の通気性が著しく低下していたのです。

  • 風邪を引きやすくなる
  • 虫歯、歯周病、口臭の原因になる
  • 酸素の摂取量が低下
  • 顔の筋肉の劣化
  • 睡眠時無呼吸症候群の恐れ

と口呼吸には様々なデメリットがあります。

たかが鼻毛でこんなになるなんて馬鹿な話。僕はこれがきっかけで、クレジットカードを作り鼻毛カッターに巡り会うのでした。

結果は言うまでもなくすっきり。空気を一杯取り込める通気性がやみつきになり、以降は積極的に鼻毛を切り続けるのでした。

パナソニック エチケットカッター

2 鼻毛処理をするメリット

 

鼻毛処理をするメリットは上記の通り、鼻腔の通気性。それが良くなるとほんの少しいい気分になります。

この項目は3つほど詳しく掘り下げていきます。

2.1 メリット1 鼻呼吸ができるようになる

鼻毛を切ると通気性が良くなり、鼻呼吸が簡単にできるようになります。

  • 心臓が強化される
  • 喘息が治る
  • 体重が減る

と他にもたくさんの効果あります。

体内の酸素と二酸化炭素のバランスを崩す呼吸過多になりにくくなるのが理由として挙げられます。

病気の対策にもなる=健康な状態が続く、という意味でありできないよりはできた方が格段に良いですよね。

2.2 メリット2 睡眠の質が上がる

鼻呼吸ができるようになると睡眠の質が上がると言われています。

眠りを妨げる要因に口呼吸があり、いびきを引き起こし、舌やのどの渇きで睡眠の質を下げてしまうので、それを改善できるわけですね。

「寝ている時でも口呼吸をする人はする」とも言われていますが、口テープをすることにより更に就寝時の鼻呼吸を改善するようになれるのです。

一人部屋で寝ている僕には確かめようがありませんが、最近よく眠れているようにも感じます。

手作り枕も併用しているから更に効果が高まっているのかもしれません。

眠りの質を上げる安眠枕は手作りで出来る!その方法と感想を紹介!


3 鼻毛処理を有効に活用する方法 

 

更に発想を展開して、鼻毛処理を有効に活用する方法を考えてみました。

3.1 瞑想が捗る

集中力が上がり、情報処理能力が上がると言われている瞑想。鼻から息を吸って口から吐くの動作でお馴染みのあれです。

若干スピリチュアルな印象を受けますが、実際にやってみるとかなり落ち着きます。

最初は5分しかできませんでしたが、現在では30分くらいできるようになりました。

気持ちがらくになり、迷いがなくなります。

3.2 ランニングの息継ぎが楽になる

ランニングにも有効であることが考えられます。

長い息継ぎができるようになり、息切れを起こしにくくなるのです。

つまりは長く走れるようになるということであり、ランニングが楽しくなってくるわけですね。

成長ホルモンを活発化し、鬱や薄毛対策にも良くなります。

ダイエットも捗りますし、一石二鳥ですね。

終わりに

 

以上が、鼻毛処理することで得られるメリットと有効に活用する方法でした。

鼻毛を切れば呼吸がしやすくなるというのが一貫してますね。

確かに面倒ですが、息苦しさを少しでも和らげられるのならそれが一番だと思いませんか?

是非とも時間がある時に試してみて欲しいです。

パナソニック エチケットカッター

終わり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です