【最新話感想】進撃の巨人(121話):進撃の巨人の能力は未来を知る!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】進撃の巨人(121話):進撃の巨人の能力は未来を知る!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第121話) より引用◇

進撃の巨人が持つ特性は「未来を知る」能力だと判明した。

何故グリシャのいない間に扉が壊されたのか、等その他の窮地で都合良くいったのかがこれで説明がついた。

タイムスリップではジークではなく、エレンが主導権を握っていく。結果的にグリシャの過去の出来事は、エレンの後押しがあった故の出来レースだったのだ。

ジークはそれでもエレンを救おうとし、グリシャもジークにくい止めるように頼み込む。

タイムスリップ終了後では、まだジークが初代ユミルのコントロール下に置いておりエレンの力では為す術もない。

だが未来を知っているとすれば? 何か対策を施している可能性もあるだろう。

1 父親よりも自分

タイムスリップはミカサを救った時になっている。

エレンはグリシャに影響されて自分の道を歩いているのではないと言っている。

自分は自分。人は人。自由を奪う者は誰であろうと許さない。そういうスタンスが根っこにあるのだと。以前女型の巨人戦の時にリヴァイが言っていた「こいつを止めることは誰にもできない」は的を射ていたということになる。

だがそれでも、とジークは自身の思いを語る。自分がクサヴァ―に救われたように、今度は自分がエレンを救う。絶対に見捨てない。

唯一残った兄弟愛なのか。世界の命運がかかっている時でさえ、ジークはエレンを大事にしている。

追い詰められた時こそ本音が出ると言うなら、彼の思いは本物だったのだろう。

2 未来を知る能力

グリシャが王家を殺害する時。

始祖の巨人所有者フリーダとグリシャの言い分は平行線だった。
フリーダはエルディア人だけが滅びるならそれが一番良い結末だと言う。他の人間まで巻き込むわけにはいかない。
グリシャはエルディア人には何の罪もないから助けてくれと言う。あくまでも現地の人が優先。
ジークはフリーダに共感する。

そして、フリーダに進撃の巨人の力の正体を明かす。九つの巨人の中で唯一賛同しなかった理由を悟りながら。

未来を知る能力。過去全ての進撃の巨人の継承者は今現在この時の為に、力を受け継がせていたようだ。

フリーダ達王家が逃げ切る前に、巨人化しようとするグリシャ。しかし最後の踏ん切りがつかない。

彼は医者であり、子供を殺すことができなかったのだ。

3 エレンは進撃を促す

しかしそれでは未来が閉ざされてしまう。そうなればエレン達の元いた世界はどうなるのか。
ジークの疑問は他ならぬエレンの手によって解決することになる。

エレンは直接グリシャに語りかける。まるで本当にそこに存在しているかのような力強さで。
この時代のエレンはまだ子供で、しかも破壊された壁から侵入した巨人から逃げ回っているはずである。
故にそれはグリシャが知り得るはずのない、大人のエレンの言葉。

戦え、と。これはあんたの物語だろ、と。
今まで切り捨てた命の数々を無駄にして、あんたは自分自身を許せるのかという含みを持たせて。

グリシャにその声が届いたのかは不明。だが巨人化して進撃を開始する。

フリーダの巨人を倒し食して、王家を抹殺することに成功。



4 グリシャとジークの再会

グリシャは外に出る。これで良いのか、と夜空に叫ぶ。
子供を殺した罪。未来に起こる事象。その恐怖に震える。
どうやら未来を知る力は万能ではないようだ。求めた時間を知り得るとは限らない。

叫ぶエレンの名は子の名前か恩人の名前か。

そこからのグリシャの人生はエレンを巨人化させて喰われるだけである。

ジークの姿が見えるのは己の宿命をやりきった報酬なのかもしれない。グリシャは大人になったジークを見ることが出来た。

子供の頃に言えなかったことをグリシャは口にする。お前を愛していると。

付け加えるようにエレンを止めてくれとグリシャはジークに言う。先の結末を知っているかのとように。

そこでジークのほうからタイムスリップを終わらせた。

進撃の巨人」の最新話が掲載されている別冊少年マガジンを無料で読む


進撃の巨人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、別冊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

5 エレンは手を伸ばす

ジークが有利であるはず。ジークの望んだ結末になるはずである。

だがジークはエレンが望む結末になろうとしているとグリシャの言葉でから理解する。

全ては四年前。ヒストリアが王になった時に交わした手の甲にキスした時に未来を全部知り得たとエレンは言う。

全てのユミルの民から生殖能力を奪ってくれ。ジークは自分の望みを叫ぶ。

グリシャの選択とエレンの選択。どちらの選択が優先されるのか。

鎖で繋がれたエレンは腕を千切らせ、光の樹に歩いていく初代ユミルに近寄る。

そして手を伸ばすが、触れたところで発動を止めることができるのだろうか。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です