【新テニスの王子様】跡部王国(キングダム)とは? - 二次元感想レビュー録

【新テニスの王子様】跡部王国(キングダム)とは?

 

◇集英社:許斐剛先生:新テニスの王子様(5巻)より◇

 

跡部景吾の『氷の世界』が進化した技、『跡部王国(キングダム)』。

彼の元からあった才能、『眼力(インサイト)』が更に極まった状態で発動します。

死角を超えた絶対死角を可能とするのがこの技なのです。

それでは見ていきましょう。

1 跡部王国(キングダム)とは

 

眼力(インサイト)を極めた跡部が、その洞察力でもって相手の関節や骨格の構造を見抜き、対応できない場所に打ち込むのが跡部王国です。

構造上の問題なので絶対的に動けず、そのまま止まって動けなくなってしまいます。

『氷の世界』は見えなくなるだけで、来る場所を目以外で追えるプレイヤーには通用せず、そもそも死角を見抜かせない相手には効果はありませんでした。

しかしこの技は違います。格上だろうがダブルスだろうが、まとめて処理できるほどの決定力を誇ります。

全部見抜いた上での絶対死角からは逃れられません。

ちなみに跡部から見た相手プレイヤーの体は、レントゲン検査で撮った写真のような骨だけの姿になります。

それ故なのか「スケスケだぜ」「ツルスケだぜ」みたいな言葉を発します。

2 使える場面は限られている

 

絶対的な決定力に見える跡部王国(キングダム)ですが、結果は芳しくありません。

習得以降も、跡部の試合は大抵タイブレークとなり長期戦に突入しています。体の負担も無に等しいのにこれは違和感があります。

作中では弱点を明言されていませんが、おそらく使える場面が限られてくるのでしょう。

跡部の精神状態、怪我などの身体状態、態勢などの条件をクリアして初めて発動できると考えられます。

意外と不安定なのかもしれません。

3 五感剥奪(イップス)が致命的弱点

 

やはり視覚を使うとあって、幸村精市の技『五感剥奪』には極端に弱いと言っていいでしょう。

跡部には『天衣無縫の極み』も使えません。よって乗り越える事は不可能に近いです。

発動させる隙すら与えず、攻め続けるしか対処法はありませんが、地力が高く守備型よりの幸村にはそれもあまり有効とは言えないでしょう。

本当、どうしようもないくらい幸村が苦手な跡部と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。