【テニスの王子様】跡部の破滅への輪舞曲(ロンド)とは? - 二次元感想レビュー録

【テニスの王子様】跡部の破滅への輪舞曲(ロンド)とは?

◇集英社:許斐剛先生:テニスの王子様(17巻)より◇

 

破滅への輪舞曲(ロンド)。

跡部景吾の代表技と言えるスマッシュです。

決まれば相手は返すことが難しく、鮮やかに決められ心を挫かれることでしょう。

今回はその破滅への輪舞曲(ロンド)を考察していきます。

1 破滅への輪舞曲(ロンド)とは

 

跡部景吾が放つスマッシュ、破滅への輪舞曲(ロンド)。

初出は中学生ジュニア選抜の時です。

山吹中・千石など多くの選手を苦しめたトレーニング『相手コートにいる選手4人を突破する』を難なくクリアさせました。

一撃目を手首に当てラケットを落とし、二撃目で確実に決めるのです。

これで鉄壁の守備を崩すことを可能にしています。

相手はラケットを拾う暇がないので、ただ呆然と流れを見守ることになります。

「美技に酔いな」は魅了されたように動けないことに因んでいるのです。

2 美技=コントロール

 

破滅への輪舞曲はパワーよりもコントロール力が試されるものだと推測できます。

手首に当てる技術が何よりも必須となるわけです。

だからこそ、相手の動きをよく観察し、予測した位置に置くようにぶつけることが肝になってきます。

卓越した洞察力を持っている跡部だからこそできる芸当です。

実際作中では数多の選手が技の模倣を行っていますが、この技だけ越前リョーマしか使用していません。

3 各対抗技の有効範囲内

 

破滅への輪舞曲は手塚ゾーンで破られています。咄嗟にラケットの面に当てることで返球できています。

新テニスの王子様でも入江が弾かれたラケットを拾って返球しています。

つまり、この技は完璧ではないということです。

例に挙げるなら、不二の羆落としのようなショット対抗技には返される可能性があると言えます。

美技はあくまでも美技。決定力はそれほどでもないようです。

跡部の能力に依存すると言っても過言ではないでしょう。

作中で破られそうな技や人物

・手塚ゾーン

・羆落とし

・百錬自得の極み

・入江

・一撃で決めにかかるショット

・そもそもロブを上げない相手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。