【テニスの王子様】真田弦一郎とは? - 二次元感想レビュー録

【テニスの王子様】真田弦一郎とは?

 

◇許斐剛先生:新テニスの王子様(26巻)より引用◇

 

テニスの王子様に登場するキャラクター、真田弦一郎について紹介していきます。

『皇帝』の名を冠する通り、ラスボスの最側近という位置づけで幸村精市は浅からぬ関係にあります。

新テニスの王子様からは、世界に挑む優秀なテニスプレイヤーという側面を出しています。

それでは、見ていきましょう。


1 真田弦一郎の概要

 

立海代付属中学校三年生。テニス部副部長。幸村精市が病気から復帰するまでは、王者立海大の部長代理を務めていました。

性格は厳格にして苛烈。筋を通さないと我慢できない質で、周りにもそれを強要する悪癖があります。しかも、何か間違いを起こせば鉄拳制裁と非常に大胆です。

全ては常勝無敗の目標を完遂するための彼なりの指導だったのでしょう。野試合で負けても許さないその極端さから『皇帝』の異名がついています。

とにかく『古風』という印象が強い人物です。

それは外見からも滲み出ており、手塚国光と比肩するほどの老け顔と周りからは逐一囁かれ、とても中学生の外見をしていません。他校生からも疑問視されています。

テニスに関しては真っ向勝負を挑みたい考えが強く、相手をねじ伏せるような試合運びになる時が多いです。しかし一度だけ例外があり、全国大会決勝で手塚国光と試合をした時には、勝利のためにその考えを捨てる判断もします。その時は身中穏やかとは言えなかったので、できることならしたくないのでしょう。

意外にも、敵を煽るなどの若干マナーの悪い言動もしたりします。闘争心は強めだということが分かります。反面、煽り耐性には弱く少し乱れるとイライラしてしまう傾向にあります。

新テニスの王子様では精神的に成長し、煽られたフリを敢えてして相手の誘いに乗り、ここ一番で覆し逆に心を乱すという策も見せています。

2 真田弦一郎のテニス

 

『風林火山』を参考にした幅広い戦術を駆使してプレイする、攻・守・走の揃ったオールラウンダーです。

しかし本人は真っ向勝負をしたい心の持ち主なので、やや攻撃的なプレーが目立ちます。攻撃なら攻撃、防御なら防御と戦型を極端に分けてきます。

関東大会まで封印していた『雷と陰』を加え、『風林火陰山雷』をフルに活用した時が彼の全力です。新技として『黒龍二重の斬』や『嵐森炎峰』という技も編み出しました。

欠点らしい欠点はないですが、だからこそ数少ない格上の相手には遅れを取らざるを得ません。幸村精市相手にも攻めきれず敗北しています。

真田個人の世界観を崩された時どんな行動に出るか。彼の真価を見るのはきっとそういう状況なのでしょうね。

未だに追い詰められたことがないので、新テニスの王子様のこれからの展開に期待しましょう。

まとめ

・攻撃志向のテニスプレイヤー

・とにかく真っ向勝負を挑みたい

3 技一覧

 

◆風林火山

真田が編み出した4つのプレイスタイル。

  • 風→居合抜きを参考にした超スピードのカウンターショット
  • 林→あらゆるショットを受け流し、回転を和らげる
  • 火→超威力のグランドスマッシュ。普通のショットとしても打つ
  • 山→守りに入り、どんな打球も耐えしのぐ鉄壁の防御

それぞれ相性があり、無我の境地か何かで真似されてしまうと、返せる可能性も出てくる。例としては、火を風で返すなど。

◆雷と陰

真田の本気の本気。出すべき条件をクリアした場合にのみ使う。

  • 陰→才気煥発の極みを封じるほどに存在や気配を消す
  • 雷→ガットが破れるほどの威力のショットを放ちつつ、「光の速さ」に例える程の高速移動も可能とする

特に「雷」は膝の負担が尋常ではなく、多用はできない。手塚ゾーンは破ることはできなかった。

◆黒龍二重の斬

打球を黒色のオーラで包み、軌道を自在に曲げる事ができるショット。二度曲がる。

初出では未完の技で一度しか曲げられなかったが、トレーニングにより二度曲げるまでに昇華した。

返球は難しく、できるのは一度目まで。ダブルスであれば返せる確率がグンと上がる。

◆嵐森炎峰

風林火山を進化させたプレイスタイル。作中では「嵐」と「炎」しか確認されていない。

嵐→砂が舞い上がるほどの高速ショット

炎→地面が爆発し、人が吹き飛ぶほどのスマッシュ

4 プロフィール

誕生日 5月21日

星座 牡牛座

血液型 A型

身長 180cm

体重 68kg

利き腕 右

プレースタイル オールラウンダー

委員会 風紀委員会(委員長)

足のサイズ 27.5cm

視力 左右2.0

シューズ YONEXパワークッション21(SHT-21)

ラケット BABOLAT VSドライブ

趣味 筋肉トレーニング、書道、将棋

得意科目 体育、歴史

苦手科目 なし

好きな食べ物 なめこの味噌汁、肉

好きな色 黒、グレー

好きな映画 時代劇

好きな本 歴史小説、浮世絵画集

好きな音楽 和楽器系

座右の銘 断じて行えば鬼神も之を避く

出身小学校 神奈川第一小学校

よく訪れる学校内スポット 和室(書道の練習の為)

お小遣い使用例 貯金

好みのタイプ そんなことを聞くとはたるんどる!(ご満悦気味)

行きたいデートスポット デート?くだらん!

今一番欲しいもの 骨董品店で見つけた壺

日課 座禅、剣道の早朝稽古

苦手なもの(事) 流行

テニス以外の特技 居合い、剣道

毎日の起床時間 4時

真田の書 常勝無敗

5 備考

  • いわゆる中ボス的な立ち位置(ラスボスは後ろに控えているんです)
  • 似たような真面目タイプである手塚との違いは、物腰が柔らかいかどうかの違いで見分ける
  • 不二と同じく技の数も多いが、こちらは窮地に陥った事が殆どない。手塚と幸村だけである
  • 越前リョーマとの試合では手加減していたことが後に明かされる。手塚対策とは言え手加減は手加減
  • お前のような中学生がいるか
  • 雷は世界大会でも通用すると思うのだが、何故か殆ど使われなかった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。