【最新話感想】図書館戦争別冊編(47話):手塚が告白!?柴崎救出される!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】図書館戦争別冊編(47話):手塚が告白!?柴崎救出される!【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇原作・有川ひろ先生:漫画・弓きいろ先生:図書館戦争別冊編(47話)より◇

柴崎は手塚によって救出された。

間一髪。あと少し遅くなっていたらどうなっていたか。これもお守りのご利益なのだろう。

そして、手塚は柴崎に「好きだ」と言う。危険な時に側にいられる立場になりたいのだと。

告白を確かに聞いた柴崎だったが、どうも実感が持てなかった。今ままで大事にしてくれる人間がいなかったからだ。

柴崎の人間像を挙げていく手塚。その言葉でようやく柴崎に伝わったのか、彼女は号泣。

兎にも角にもめでたしの、ハッピーな締めであった。

1 柴崎の思い浮かぶ人物

男に服を脱がされ写真を取らされる柴崎。目には涙が滲んでいる。

それを指摘されても認めない。何故なら手塚の前以外で泣きたくなかったからだ。

だが電話が入り、撮影は中断。もう一人の女からだろう。柴崎は話の端々から、共犯者だと推測する。

内容はきっと「その女、やっちゃって」である。手塚にフラれた直後で腹いせに痛めつけてやろうしたのだ。

運が良いのか悪いのか男は言うことを聞かなかった。自分のペースを崩されたくない様子。

再開しようとする男。手にはカメラを持っていない。いよいよ体を触られるのかと柴崎は察した。

その寸前。手を伸ばそうとする前に今までの出来事が思い出される。

手塚に酷い事を言った。軽い男だと言って傷つけた。でも自分に色目を使ってくる男は利用する。のし上がるためなら、この体を触られたっていい。そう思っていた。

それは今でも思っているが、何にしてもこの男じゃない。

何故なら最悪の事態にはならないから。柴崎のお守りに気づいていないから。だから、最悪の事態にはならない。

そうして外から叫び声が響き渡る。柴崎と呼ぶ声。手塚であった。

2 手塚、現る

柴崎は口を押さえようとした男の手を噛んだ。その一瞬の隙に手塚の名前を叫ぶ。

体で窓を割り侵入してくる手塚。すぐさま男を殴り一撃で気絶させた。

その表情には怒りしかなかった。殺意すら浮かんでいそうである。

手塚は男に手錠をかけ、柴崎の拘束を解く。

外には人だかりが出来ようとしていた。大声で警察だと説明し、事なきを得る。

柴崎のはだけた服を目を逸らして直す手塚。

事件は終わりを迎えた。



3 好きだ

すぐさま手塚は寮に電話し、柴崎の安否を伝える。

男は図書隊の名簿に偽の住所を書いていて、苦戦していたが隊長から連絡があった。

だから発信機の方へ行き見つけたと手塚は語る。

正直間に合うかどうかは運任せで神様に感謝したいくらい安堵する手塚。

柴崎は一安心したのか優しい言葉をかける。あんたの前で泣きたかった。

手塚は思わず抱きしめてしまった。ほぼ無意識。すぐに離す。

しかし柴崎は嫌じゃないと言った。完全に受け入れている。

もう一度手塚は抱きしめる。そして、知っていると思うけどと前置きを入れて。

好きだと柴崎に告白する。

4 守れる立場が欲しい

手塚の告白は情けない告白である。

どう思われても良い代用品でも構わない。頭の悪い男が言葉足らずに縋りつくような軟弱さを含んでいる。

柴崎がそう指摘しても態度は変わらない。なりふり構っていられないと言わんばかり。

それでも、どんな風に思われても手塚は頑としている。むしろどんどん自分の立場を下げる。

そんな手塚に柴崎は優しく微笑む。本気でそれでいいのかと。

遮るように柴崎は告白を受け入れる。だが「多分好き」と自信なさげ。

それは過去の経験からきている。今まで大事にされたことがなかった故の自己分析の甘さ。

体当たりで付き合おうと思った人はいなかったのだ。

「図書館戦争別冊編」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


図書館戦争別冊編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

5 大事にして

大事にしてくれなかったと自虐する柴崎。

自信家で、皮肉屋で、意固地で、意地っ張りで、大事にしたいとフォローにならないフォローの後に手塚は「やっと見つけた」と言う。

柴崎は堰が溢れたように、大声で号泣。大事にしてと繰り返す。

手塚の触れた手を優しい手だと柴崎は感じている。

おそらくは泣き止むまで背中を優しく叩いたことだろう。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です