【最新話感想】図書館戦争別冊編(48話):事件の後日談!?速攻で結婚まで考えている二人!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】図書館戦争別冊編(48話):事件の後日談!?速攻で結婚まで考えている二人!【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇原作・有川ひろ先生:漫画・弓きいろ先生:図書館戦争別冊編(48話)より◇

48話は事件の後日談と手塚と柴崎の急接近。

犯人の水島は、手塚を柴崎に取られたという勘違いの逆恨みで犯行に及んだ。男犯人坂上の方は、水島から話を持ちかけられ柴崎をペットにしたかったようである。どちらも偏執的な犯行なのは間違いない。

そして、手塚の柴崎の関係は順調に進展していく。周りが驚くほどの速攻ぶりで、既に当人達も結婚を視野に入れている模様。

柴崎の脅しに似た説得で、とりあえず兄に交際を報告することになった手塚は兄に勇気をもって電話をかける。

もはやハッピーエンドの流れで、連載が終了してしまいそうな勢い。二人の結婚は近い。

1 図書館戦争別冊編48話 泣き止まない柴崎

事件の直後。手塚と柴崎は手を握って帰路についている。

泣き止まない柴崎。しかし意地があるのかひゃっくりと言い張り、秘密にするように強く言い聞かせる。

そんな弱っていると同時に強がっている柴崎を、中々見れない光景として可愛いと心の中で思っている手塚。超不謹慎である。

しかし以前「恋愛ごっこ」と揶揄したことを二度と言うなよと忠告しているあたり、決める所はきちんと決める模様。

対等な男女交際、というのが伝わってくる。

2 図書館戦争別冊編48話 水島と坂上の事情聴取

水島と坂上の事情聴取。長々と説明しているので要点だけ。

水島は一度告白して断られたが、手塚が丁寧で優しい断り方だったことを「まだ希望がある」と曲解。そのあとも偶然を装い、距離を詰めようとするも空振り。手塚が思いを寄せていることを「柴崎が誑かした」と逆恨みして、坂上を協力関係に誘う。

坂上。水島とは高校の同級生で単なる協力関係以外の感情は持ち合わせていない様子。水島が恋愛相談している時に柴崎の写真を見て一目ぼれ。彼女の誘いで後方支援部に入隊。柴崎を脅してペットにしたかったと供述。

裸のコラは坂上。スリーサイズは水島が調べている。

類は友を呼ぶとは正にこのこと。飛ぶ鳥を落とす勢いで手を伸ばし、結果返り討ちにあったという散々な結果である。

 

「図書館戦争別冊編」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


図書館戦争別冊編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

※電子版LaLaの発売は、雑誌版の発売日から翌月の5日に更新となります。これはどの書籍サイトでも一緒です。ご注意ください。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 図書館戦争別冊編48話 その後の二人

水島の事件はすぐに沈静化。しかし男子寮では柴崎と交際を始めた手塚が話題となる。

その後の二人は昼休みに一緒に外食を取りに行っている。

柴崎が口説き文句で翻弄し、手塚が戸惑うという関係が定着した模様。

結婚の提案も柴崎から。世の中変な奴が多いから、早めに結婚して身を固めようと言っている。

そのための第一歩として手塚の兄に交際を報告するように言い含める。理由は結婚式に実の兄が来ていないのは問題あるから。

もはや柴崎の頭の中で、結婚の手順は整っていると言わんばかりの段取りの良さ。手塚は翻弄されるばかり。

兄と不仲な手塚は和解を余儀なくされたと言っていい。

勇気を出して電話をかけていることから、一応礼儀は尽くそうとは思っていることは窺える。

結婚のための第一歩はこうして踏み出された。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です